chea09hs_p

chea09hs_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズの代表的なエグゼクティブチェアのひとつです。
1959年にニューヨークのタイムライフビルのロビーのために設計されたことで別名「タイムライフチェア」とも呼ばれています。

ゆったりとしたサイズ感、脚部やフレームのアルミニウムの艶めき、張地と同素材のボタンがアクセントで磨き抜かれたディテールの完成度の高さが伺えます。

シートと背もたれのクッションはゆるやかに身体に沿ってグローブのようにやさしくフィットし疲れにくく、クッションにボリュームを持たせることで安定的な座り心地を実現しています。シートの高さ調節やリクライニング調節などの機能も完備。

在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。自宅での作業にも高い満足感を得られます。

#チェア#ブラック#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

ch7144_t501fg22

CH7144_T501FG22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch5077

ch5077

LC7 スウィベルチェアは、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン、ル・コルビジェによって 1928年にデザインされました。コルビジェのピュリスムに傾倒していたことが窺える「垂直・水平・直角・回転」を体現したデザインとなっています。

コルビジェたちのエスプリをこの無骨さから存分に感じ取れるデザインと言っていいかもしれませんね。決して座りやすいとはいえないデザインですが時間がゆったりと過ぎてゆく空間に身を置いている贅沢感が楽しめるというところがポイントでしょうか?

肘部分のクッションにモールドウレタンフォームを採用し、高い技術力によるステンレス加工・仕上げと共に、また一つ、ジェネリック製品として満足いただける品質がお届けできるようになりました。

#チェア#ダイニング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#アームチェア#オフィスデスクチェア#ダイニングチェア

c16129

c16129

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、お買い求め易くなった改良版です。

同名のイスがいくつか存在する中、やはり最も有名なチューリップチェアといえば、エーロ・サーリネンが1958年にデザインしたチューリップチェアではないでしょうか。

その名の通り、チューリップの花びらのような形からこの名を冠します。

FRPシェルとファブリックもしくは、レザーのシートパッド、回転機能を持つ1本脚のアルミニウムベースから構成され、ダイニングチェアやデスクチェアなど、様々なスペースで利用することが可能です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#回転式#FRP#ファブリック#ダイニングチェア#サイドチェア

ch4068s_pv01

ch4068s_pv01

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。

いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。

その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。

そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)

発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。

「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。

#チェア#ブラック#リビング#回転式#木製#本革#ラウンジチェア

ch4068s_pv05

ch4068s_pv05

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。

いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。

その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。

そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)

発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。

「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。

#チェア#ブラック#リビング#回転式#木製#本革#ラウンジチェア

c15004_ml81

C15004_ML81

E-comfortのS イージーチェアが、より洗練されたNewタイプに生まれ変わりました。

この独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインしました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

c15004

c15004

E-comfortのS イージーチェアが、より洗練されたNewタイプに生まれ変わりました。

この独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインしました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

ch8148r

ch8148r

E ラウンジチェアは、独特の卵のような有機的なフォルムがもたらす機能性・すわり心地など、すべてにおいてスカンジナヴィアン・デザインの代表作として世界中に知られています。

ホテル等の公共空間において左右を囲まれたフォルムがプライバシーな空間を生み、まるで自分の部屋にいるような一時を演出できる優れたデザインとなっています。またサイドからみた綺麗な卵形は、一目でそれとわかる独特なオリジナリティを持っています。

この、E ラウンジチェア独特のデザインは「空間を作りだす力」を持っているのです。

E ラウンジチェアは2008年に50周年を迎え、E-comfortのE ラウンジチェアも回転機能にチルト機能を加えて、バージョンアップ。

この改良により、エッジが薄くなりフォルムにメリハリが生まれ、より完成度の高いE ラウンジチェアになりました。

オプションのオットマンと組み合わせて、シアタールームなどに是非お使い下さい。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#リクライニング#回転式#ファブリック#ラウンジチェア

ch7144_t501fm22

CH7144_T501FM22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7144_fg22

ch7144_fg22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

chea07lf_p

chea07lf_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
また、在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07lf_l

chea07lf_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア

chea07ls_p

chea07ls_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
また、在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07ls_l

chea07ls_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア

chea07hf_p

chea07hf_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07hf_l

chea07hf_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア

chea07hs_p

chea07hs_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
また、在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07hs_l

chea07hs_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア