ch7144_t501fg22

CH7144_T501FG22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7201_r002sn11

CH7201_R002SN11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

x15214_k503sn09

X15214_K503SN09

座面がリバーシブルになっており、組み合わせ次第でベンチにもテーブルにもなる汎用性の高いリバーソ ベンチテーブル 120。

無垢材とファブリックの組み合わせでコンパクトでスタリッシュなデザインでありながらも、高い実用性を実現。

住居の様々なシーンでお使いいただけます。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#テーブル#グレー#リビング#ファブリック#木製#ベンチ#木製#無垢天板#幅120cm以下#ローテーブル

ch7201_sn11

ch7201_sn11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_k501sb11

ch7201_k501sb11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#グリーン#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sb11

ch7201_sb11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sn09

ch7201_sn09

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

c19109_sn11

c19109_sn11

北欧デザインの代表作。1956年にデザインされた木製ダイニングチェア。スタッキングが可能という特徴を持ち、それを可能にするための様々なアイディアが詰め込まれたデザインとなっています。

当時としては、画期的なアイディアとデザインでしたが、プロトタイプのみが製作されただけで、製品化には至りませんでした。当時の製造技術では量産化が困難で、非常にコストがかかるデザインだったのです。

それから約半世紀。ようやくジェネリックプロダクト(リプロダクト)での製品化が実現しました。

#チェア#グレー#ブラウン#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

c19109_sn10

c19109_sn10

北欧デザインの代表作。1956年にデザインされた木製ダイニングチェア。スタッキングが可能という特徴を持ち、それを可能にするための様々なアイディアが詰め込まれたデザインとなっています。

当時としては、画期的なアイディアとデザインでしたが、プロトタイプのみが製作されただけで、製品化には至りませんでした。当時の製造技術では量産化が困難で、非常にコストがかかるデザインだったのです。

それから約半世紀。ようやくジェネリックプロダクト(リプロダクト)での製品化が実現しました。

#チェア#グレー#ブラウン#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

CH30ダイニングチェア(リプロダクト)

ch9517_sn11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_sk11

ch9517_sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_k507sk11

ch9517_k507sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#グリーン#ブルー#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

ch9517_sn09

ch9517_sn09

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

c16129

c16129

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、お買い求め易くなった改良版です。

同名のイスがいくつか存在する中、やはり最も有名なチューリップチェアといえば、エーロ・サーリネンが1958年にデザインしたチューリップチェアではないでしょうか。

その名の通り、チューリップの花びらのような形からこの名を冠します。

FRPシェルとファブリックもしくは、レザーのシートパッド、回転機能を持つ1本脚のアルミニウムベースから構成され、ダイニングチェアやデスクチェアなど、様々なスペースで利用することが可能です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#回転式#FRP#ファブリック#ダイニングチェア#サイドチェア

c15004

c15004

独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインされました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

※座面に脚部を差し込む簡単な組み立て品となります。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

ch8148r

ch8148r

E ラウンジチェアは、独特の卵のような有機的なフォルムがもたらす機能性・すわり心地など、すべてにおいてスカンジナヴィアン・デザインの代表作として世界中に知られています。

ホテル等の公共空間において左右を囲まれたフォルムがプライバシーな空間を生み、まるで自分の部屋にいるような一時を演出できる優れたデザインとなっています。またサイドからみた綺麗な卵形は、一目でそれとわかる独特なオリジナリティを持っています。

この、E ラウンジチェア独特のデザインは「空間を作りだす力」を持っているのです。

E ラウンジチェアは2008年に50周年を迎え、E-comfortのE ラウンジチェアも回転機能にチルト機能を加えて、バージョンアップ。

この改良により、エッジが薄くなりフォルムにメリハリが生まれ、より完成度の高いE ラウンジチェアになりました。

オプションのオットマンと組み合わせて、シアタールームなどに是非お使い下さい。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#リクライニング#回転式#ファブリック#ラウンジチェア

ch7148d

ch7148d

E ラウンジオットマンは、独特の卵のような有機的なフォルムがもたらす機能性・すわり心地など、すべてにおいてスカンジナヴィアン・デザインの代表作として世界中に知られている、E ラウンジチェアと組み合わせるためにデザインされたものです。

ホテルのロビーに設置することを考えデザインされた、E ラウンジチェアと、E ラウンジオットマン。ぜひ、組み合わせてご使用下さい。より一層、くつろぎの空間となることでしょう。この機会にE ラウンジチェア&オットマンを手に入れてみてはいかがでしょうか。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#ファブリック#スツール#ラウンジチェア

ch7144_t501fm22

CH7144_T501FM22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7144_fg22

ch7144_fg22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7255_sn09

ch7255_sn09

「世界で最も美しいアームを持つチェア」と評されるNo.45 イージーチェア。フィン・ユールがヴィルヘルム・ラオリッツェン建築設計事務所から独立後に最初にデザインした家具である。製作を担った工房とフィン・ユールのコラボレーション、デザイナーとマイスターによる椅子デザインへの果てしない研鑽が、この1脚から始まったといわれています。

No.45 イージーチェアの最大の特徴はアームである。エッジはナイフのように薄く研ぎ出され、3次元曲面による美しいカーブで構成されています。

また、シートがフレームから浮いているように見えるデザインや、椅子の後ろ姿が美しい点などもフィン・ユール作品の特徴であり、最初に具現化されたチェアがNo.45 イージーチェアである。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#ファブリック#木製#ラウンジチェア

ch7282_sn09

ch7282_sn09

IL-10 イージーチェアはイブ・コフォード・ラーセンが1950年にデザインした小ぶりなイージーチェアである。

背を支えるフレームと後脚が特徴的なデザインであり、1949年に発表されたフィン・ユールのチーフティンチェアを参考にデザインされたものではないかと推察できる。

また、背と肘掛が一体となったデザインであることも特徴であり、見方によっては、これもフィン・ユールのペリカンチェアを参考にしたのではないだろうか。

日本の住宅事情にも、人体スケールにも合致する北欧デザインの名作。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#ラウンジチェア

ch9157sn11

ch9157sn11

優しい曲線美にあふれるコンターチェアは、オーストラリア出身のデザイナーの作品ながら、北欧デザインを連想させる温かみのあるデザインになっています。

クラシカルなディティールを持ちながら、すわり心地を優先した作りでゆったりを体を包むようにできています。やや小ぶりで、日本人にピッタリな大きさなのも見逃せないポイントです。

コンターオットマンとの組み合わせで、より快適仕様に変身です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#ラウンジチェア

ch9157dsn11

ch9157dsn11

優しい曲線美にあふれるコンターオットマンは、オーストラリア出身のデザイナーの作品ながら、北欧デザインを連想させる温かみのあるデザインになっています。

クラシカルなディティールを持ちながら、すわり心地を優先した作りでゆったりを体を包むようにできています。やや小ぶりで、日本人にピッタリな大きさなのも見逃せないポイントです。

コンターチェアとの組み合わせで、真価を発揮するオットマンです。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#スツール#ラウンジチェア

ch9157dsn09

ch9157dsn09

優しい曲線美にあふれるコンターオットマンは、オーストラリア出身のデザイナーの作品ながら、北欧デザインを連想させる温かみのあるデザインになっています。

クラシカルなディティールを持ちながら、すわり心地を優先した作りでゆったりを体を包むようにできています。やや小ぶりで、日本人にピッタリな大きさなのも見逃せないポイントです。

コンターチェアとの組み合わせで、真価を発揮するオットマンです。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#スツール#ラウンジチェア

ch5083

ch5083

オレンジスライスはファッション性に富み、今までの家具にはなかった流麗な美しさを表現しています。スライスしたオレンジの皮のようなデザインが特徴的で、ピエール・ポーリンらしい表現手法で、高い評価を受けています。

オレンジスライス チェアはプライウッド(成型合板)のフレームにウレタンを張り込んで布等でカバーする構造をしています。これは、オーガニックチェア等と同じ手法になっており、ミッドセンチュリーのデザインテイストあふれるつくりとなっています。

製造手法はクラシカルですが、ゆったりとしたサイズと形状の良さで、安心感とくつろぎを与えてくれる椅子となっています。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#ラウンジチェア

sf7223_sn11

sf7223_sn11

このウイングバック イージーチェアは、ボーエ・モーエンセンのハイバックチェアの中でも傑作と言われています。
モーエンセンの師である、コーア・クリントの影響を大きく受けた作品で、イギリス伝統様式のリデザインとしてクラシックかつ重厚なイメージを持つ一方で、北欧家具ならではのシンプルな機能美と、温かみのあるカーブを兼ね備えたウイングバックチェアなのです。
背もたれ部が高く 囲い込むようなデザインで、上半身を預けることで くつろぎの空間を作りだし、ゆったりとした時間を体験できます。
書斎や、ホームシアター等のプライベートルームで真価を発揮するのではないでしょうか。

#チェア#ソファ#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#ファブリック#本革#ラウンジチェア#1人掛け#ファブリック#本革