ch7144_t501fg22

CH7144_T501FG22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

c16136

c16136

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、DSR。ロッドベースを用いた サイドシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#FRP#ダイニングチェア

c16137_sn11

c16137_sn11

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、DSW。ウッドレッグを用いた サイドシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#FRP#ダイニングチェア

c16137_sk09

c16137_sk09

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、DSW。ウッドレッグを用いた サイドシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#FRP#ダイニングチェア

c16103

c16103

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つでした。

結果、見事に2位となったシェルチェアは、その頃、チャールズ・イームズが取り組んでいた成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。しかし、成型での製作が難しくあきらめずに新素材FRPを使用して見事に製品化されたものです。

こちらは、スタッキングができる脚部を持つ、Dining Side-chair Stacking-baseでDSS シェルチェアとなります。様々な脚のバリエーションを持つシェルチェアですが、DSSは施設利用も考えた仕様となっています。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#スタッキング#FRP#ダイニングチェア

c16129

c16129

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、お買い求め易くなった改良版です。

同名のイスがいくつか存在する中、やはり最も有名なチューリップチェアといえば、エーロ・サーリネンが1958年にデザインしたチューリップチェアではないでしょうか。

その名の通り、チューリップの花びらのような形からこの名を冠します。

FRPシェルとファブリックもしくは、レザーのシートパッド、回転機能を持つ1本脚のアルミニウムベースから構成され、ダイニングチェアやデスクチェアなど、様々なスペースで利用することが可能です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#回転式#FRP#ファブリック#ダイニングチェア#サイドチェア

ch7144_t501fm22

CH7144_T501FM22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7144_fg22

ch7144_fg22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

c16135

c16135

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、RAR。ロッカーベースを用いた ロッキング アームシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#リビング#子供部屋・キッズルーム#FRP#アームチェア#ラウンジチェア