ch7252sk09

ch7252_ml81sn09

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

c16028_ml84sn12

C16028_ML84SN12

ND78 ダイニングチェアは美しい造形の背もたれを持つ北欧デザイナーの作品です。

ベーシックな座面と特徴的な背もたれのコントラストが目を引くデザインで、前面に貫を持たないことで足にあたる部分が少なく、より自由な姿勢で座ることができます。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7002dml51

CH7002DML51

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品はステンレスにより製作し、ステンレス溶接加工、ポリッシュ仕上げを行っています。

こちらは、モールドウレタンを使用した現代的なタイプ。高耐久性を持つ、バルセロナ オットマン です。

#チェア#ブラウン#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

c19324c_sk11

c19324c_sk11

北欧デザイン・ダイニングチェアの名作をリスペクトし、大胆にリデザインした、リボーンチェアです。使い勝手の良いサイズ感はそのままに、骨太になったことで、体を預けた際の安心感が増しました。また、様々なインテリアにも自然にコーディネートできる懐の深さを持ち合わせています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

丁寧に研磨された無垢材のフレームは木の温もりを堪能いただけます。座面は各種ファブリック、レザーよりお選びいただけます。

E-comfortでは、皆様のご意見をもとにより良い家具作りをしてまいります。リボーンチェアは皆様の声を基に一緒に作り上げていく商品です。ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch9324bml57sn09

CH9324BML57SN09

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sn10

ch7252sn10

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sk09

ch7252sk09

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

CH30ダイニングチェア(リプロダクト)

ch9517_sn11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_sk11

ch9517_sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_k507sk11

ch9517_k507sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#グリーン#ブルー#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

ch9517_sn09

ch9517_sn09

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

bs7279aml81sn09

BS7279AML81SN09

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7279a_sn11

bs7279a_sn11

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#キッチン#木製#本革#スツール

bs7279aml82sn11

bs7279aml82sn11

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#キッチン#木製#本革#スツール

bs7279a_sk09

bs7279a_sk09

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#ブラウン#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml01sn11

BS7280AML01SN11

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

高さは2種類をご用意。用途に合わせてコーディネイトしていただけます。

フレームは3種、座面はファブリックもしくはレザー張りで複数色から選ぶ事が可能です。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml51sn09

bs7280aml51sn09

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

高さは2種類をご用意。用途に合わせてコーディネイトしていただけます。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml81sn09

bs7280aml81sn09

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

#チェア#ブラック#キッチン#ダイニング#本革#スツール

bs7280aml83sn10

bs7280aml83sn10

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

#チェア#グレー#キッチン#ダイニング#本革#スツール

ch5077

ch5077

LC7 スウィベルチェアは、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン、ル・コルビジェによって 1928年にデザインされました。コルビジェのピュリスムに傾倒していたことが窺える「垂直・水平・直角・回転」を体現したデザインとなっています。

コルビジェたちのエスプリをこの無骨さから存分に感じ取れるデザインと言っていいかもしれませんね。決して座りやすいとはいえないデザインですが時間がゆったりと過ぎてゆく空間に身を置いている贅沢感が楽しめるというところがポイントでしょうか?

肘部分のクッションにモールドウレタンフォームを採用し、高い技術力によるステンレス加工・仕上げと共に、また一つ、ジェネリック製品として満足いただける品質がお届けできるようになりました。

#チェア#ダイニング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#アームチェア#オフィスデスクチェア#ダイニングチェア

bs7194cml51

bs7194cml51

ワイヤーのみで構成された、アート作品と表現すべき美しいベルトイア スツール シート&バックパッド

ワイヤーの網目は曲面に合わせて一つ一つ形を変えて配列してあり、ただ座るだけでなく透けて見える背景をも取り込んで一つの作品にしてしまう力を持っています。

チャールズ&レイ・イームズと共同開発をしている頃、彼に先んじてワイヤーシェル構造を発想しましたが、作品を発表するのが遅れたため、後発と認識されてしまったつらい過去を持つ作品です。

ダイヤモンドチェア、サイドチェア、スツールとワイヤーメッシュ構造で作られたベルトイアの作品群。このシリーズのみをデザインして家具デザインから身を引いたベルトイアと、金属で儚さをも表現しているかのようなチェア。ただ美しいだけではない、歴史も所有してはいかがでしょうか。

#チェア#ブラック#キッチン#ダイニング#本革#スツール

ch7177b

ch7177b

ワイヤーのみで構成された、アート作品と表現すべき美しいベルトイア サイドチェア シートパッド。

ワイヤーの網目は曲面に合わせて一つ一つ形を変えて配列してあり、ただ座るだけでなく透けて見える背景をも取り込んで一つの作品にしてしまう力を持っています。

チャールズ&レイ・イームズと共同開発をしている頃、彼に先んじてワイヤーシェル構造を発想しましたが、作品を発表するのが遅れたため、後発と認識されてしまったつらい過去を持つ作品です。

ダイヤモンドチェア、サイドチェア、スツールとワイヤーメッシュ構造で作られたベルトイアの作品群。このシリーズのみをデザインして家具デザインから身を引いたベルトイアと、金属で儚さをも表現しているかのようなチェア。ただ美しいだけではない、歴史も所有してはいかがでしょうか。

#チェア#ダイニング#本革#ダイニングチェア

ch3039_ml51

ch3039_ml51

ブルーノ「Brno」とは「Brumn」ブリュン市のチェコ語の読みで、この街で設計された住宅のダイニングルームの為にデザインしたものです。この椅子に座るとエレガントさと引き締まった緊張感のようなイメージが湧いてきます。

何よりもこの椅子の特徴は、カンチレバー(片持ち構造)構造を基に設計され、建築のエッセンスが洗練された形で表現されている点です。オリジナルは、スチールバーで作られ、それまでスチールパイプで作られていた、カンチレバーの他のデザイナーの作品をリ・デザインして優れた作品として完成させた事が評価されています。

現在では、ステンレスの無垢材を使用して、磨き仕上げに優れた点をポイントにしています。

#チェア#ブラック#ダイニング#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch8002a

ch8002a

バルセロナ チェアは、バルセロナ オットマンと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ チェアです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#リビング#本革#ラウンジチェア

ch8002dml01

CH8002DML01

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ オットマンです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#ブラック#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch8002dml81

CH8002DML81

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ オットマンです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#ブラック#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch8002d

ch8002d

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ オットマンです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch7002dml57

CH7002DML57

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品はステンレスにより製作し、ステンレス溶接加工、ポリッシュ仕上げを行っています。

こちらは、モールドウレタンを使用した現代的なタイプ。高耐久性を持つ、バルセロナ オットマン です。

#チェア#ブラウン#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch4068s_pv01

ch4068s_pv01

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。

いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。

その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。

そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)

発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。

「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。

#チェア#ブラック#リビング#回転式#木製#本革#ラウンジチェア

ch4068s_pv05

ch4068s_pv05

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。

いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。

その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。

そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)

発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。

「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。

#チェア#ブラック#リビング#回転式#木製#本革#ラウンジチェア

c15004_ml51

C15004_ML51

E-comfortのS イージーチェアが、より洗練されたNewタイプに生まれ変わりました。

この独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインしました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

c15004

c15004

独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインされました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

※座面に脚部を差し込む簡単な組み立て品となります。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

sf3009

sf3009

ル・コルビジェのLC4 シェーズロング Chaise Lounge は名作中の名作であり、コルビジェの作品群の中でも世界的な知名度を誇る作品です。しかし、実際のデザイナーは、コルビジェのアトリエに入所して1年目のシャルロット・ペリアンなのです。コルビジェのアトリエで進行していたチャーチ邸の為にデザインされた家具でした。

LC4 シェーズロングは、「コルビジェの建築のコンセプトを元に導かれた形」「休息椅子としての機能性」「装飾主義から抜け出し「設備」としての家具」というような要素を満たすものを生み出そうと努力をしたシャルロット・ペリアンにより生まれたものです。そんなLC4は、現在でも色あせない普遍の美しさを持っています。

しかし、知っている人たちは知っていますが・・・コルビジェ事務所の作品ですから実際のプロデューサーとしてコルビジェの名前が冠されているのでしょう。

最近、雑誌などで掲載される事で一般の方にも随分知られる事になり、イタリアや中国のリプロダクト・ジェネリック品が販売されるようになりました。リクライニング機能を持った椅子の種類としては、他の椅子の方が座りやすかったり肘掛があったほうが機能的にはもちろんいいのですが、LC4 シェーズロングが住宅やマンションに置かれる事により、空間全体のデザイン性のレベルがあがるのは、気のせいではなく、モダンなインテリアの原点としての大切な要素が確かにそこにあるのでしょう。

#チェア#グレー#ブラウン#ブラック#ホワイト#リビング#リクライニング#本革#ラウンジチェア

ch4062a_ml51

ch4062a_ml51

PK22は、ミースのバルセロナチェアを参考にしてデザインした製品といわれています。

バルセロナ チェアより更に線が細く繊細なフォルムと座面構造が、リ・デザインのコンセプトを体現した製品として評価されています。現行のリプロダクト品の中でも品質に優れた点がお勧めです。

#チェア#ブラック#リビング#本革#ラウンジチェア

ch3029_ml08

ch3029_ml08

コルビジェのLC1 スリングチェア(バスキュラントチェアとも呼ばれる)は、水平・垂直・直角・回転(背・肘)という要素を含んでおり、コルビジェが建築に対して抱いていた概念をそのまま盛り込んだ家具作品といえます。

チャーチ邸の為にデザインされたLC1 スリングチェアは、後にLCシリーズとして彼の代表作品となります。

コルビジェは、LCシリーズの量産化へ向けてプジョー社へ依頼に行ったのですが、30分で交渉が決裂した逸話も残っており、結局、曲げ木家具で有名なトーネット社が生産を請け負いました。椅子の基本形は、その頃の既成の椅子からヒントを得たとされています。

背もたれ部分は左右の軸を中心に回転して角度が自由に変わり、座る人の背中を確実に支えます。肘部のベルトは耐久性を考慮しPVCになっており、適度にたわみ、スリングの名に恥じない弾力を持っています。

#チェア#リビング#リクライニング#本革#ラウンジチェア

ch9294_sn09

ch9294_sn09

チーフティンチェアは、数多くの名作椅子を持つフィン・ユール作品の中でも、No.45と並び、代表作と称されるチェア。フィン・ユール自身が自宅の暖炉の前でくつろぐ為にデザインされたと言われています。

1949年のギルド展でフレデリック国王が自ら腰掛けた椅子としても有名ですが、発表当時はこの椅子の強烈な印象から賛否両論を引き起こしました。

男性的で力強く、異国情緒あふれる風格は、No.45とは印象が異なります。フィン・ユールのデザインの幅広さを感じるものとなっています。

世界中のデンマーク大使館やミュージアムに所蔵されるなど、高い評価を受ける、チーフティンチェア。高品質なE-comfortのジェネリックなら、コレクションとしても最適です。

#チェア#リビング#木製#本革#ラウンジチェア

chea07lf_l

chea07lf_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア

chea07ls_l

chea07ls_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア

chea07hf_l

chea07hf_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア

chea07hs_l

chea07hs_l

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#本革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア