chea09hs_p

chea09hs_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズの代表的なエグゼクティブチェアのひとつです。
1959年にニューヨークのタイムライフビルのロビーのために設計されたことで別名「タイムライフチェア」とも呼ばれています。

ゆったりとしたサイズ感、脚部やフレームのアルミニウムの艶めき、張地と同素材のボタンがアクセントで磨き抜かれたディテールの完成度の高さが伺えます。

シートと背もたれのクッションはゆるやかに身体に沿ってグローブのようにやさしくフィットし疲れにくく、クッションにボリュームを持たせることで安定的な座り心地を実現しています。シートの高さ調節やリクライニング調節などの機能も完備。

在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。自宅での作業にも高い満足感を得られます。

#チェア#ブラック#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

c16062_pu01sn11

C16062_PU01SN11

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。
1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

当時のテイストを生かしつつ、座面を一般的なPUレザー張りにして限定登場です。
E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c17719bpu01bk

C17719BPU01BK

細く、薄く。脚部の存在感を少なくし、浮遊感が特徴のスプリントチェアです。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

x15214_pu04sn10

X15214_PU04SN10

座面がリバーシブルになっており、組み合わせ次第でベンチにもテーブルにもなる汎用性の高いリバーソ ベンチテーブル 120。

無垢材とファブリックの組み合わせでコンパクトでスタリッシュなデザインでありながらも、高い実用性を実現。

住居の様々なシーンでお使いいただけます。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#テーブル#グレー#リビング#ファブリック#木製#ベンチ#木製#無垢天板#幅120cm以下#ローテーブル

c16013a

c16013a

1926年にマルト・スタム(Mart Stam)はカンチレバーチェア、つまり片側だけフレームで全体を支える構造の椅子を世界で最初に作りました。カンチレバーチェアはもっともシンプルでスタンダードなタイプです。「カンチレバー」と「スチールフレーム」はバウハウスデザインの代名詞です。ミース・ファン・デル・ローエもマルト・スタムのこのチェア以降、カンチレバーチェアをいくつかデザインしています。

雲の上に浮かぶかのような掛け心地を目指したとして有名なチェアをリデザインしたのがこのチェアです。

E-comfortのマルトスチェアは、カンチレバーチェアの使い勝手の良さを保ちつつ、さらに洗練された印象を持ちます。より現代の空間に似合うようになり、ダイニングのみならずオフィスでも活躍することでしょう。また、E-comfortの特長ともいえるステンレススチールをフレームに使い、メンテナンスの簡便さと耐久性を兼ね備えています。

#チェア#ブラック#ダイニング#合成皮革#ダイニングチェア

c16013b

c16013b

1926年にマルト・スタム(Mart Stam)はカンチレバーチェア、つまり片側だけフレームで全体を支える構造の椅子を世界で最初に作りました。カンチレバーチェアはもっともシンプルでスタンダードなタイプです。「カンチレバー」と「スチールフレーム」はバウハウスデザインの代名詞です。ミース・ファン・デル・ローエもマルト・スタムのこのチェア以降、カンチレバーチェアをいくつかデザインしています。

雲の上に浮かぶかのような掛け心地を目指したとして有名なチェアをリデザインしたのがこのチェアです。

E-comfortのマルトスアームチェアは、カンチレバーチェアの使い勝手の良さを保ちつつ、さらに洗練された印象を持ちます。より現代の空間に似合うようになり、ダイニングのみならずオフィスでも活躍することでしょう。こちらはアームも付いており、より楽な姿勢で長時間過ごすことが出来ます。

また、E-comfortの特長ともいえるステンレススチールをフレームに使い、メンテナンスの簡便さと耐久性を兼ね備えています。

#チェア#ブラック#ダイニング#合成皮革#アームチェア#ダイニングチェア

ch3029_pcbk

ch3029_pcbk

コルビジェのLC1 スリングチェア(バスキュラントチェアとも呼ばれる)は、水平・垂直・直角・回転(背・肘)という要素を含んでおり、コルビジェが建築に対して抱いていた概念をそのまま盛り込んだ家具作品といえます。

チャーチ邸の為にデザインされたLC1 スリングチェアは、後にLCシリーズとして彼の代表作品となります。

コルビジェは、LCシリーズの量産化へ向けてプジョー社へ依頼に行ったのですが、30分で交渉が決裂した逸話も残っており、結局、曲げ木家具で有名なトーネット社が生産を請け負いました。椅子の基本形は、その頃の既成の椅子からヒントを得たとされています。

背もたれ部分は左右の軸を中心に回転して角度が自由に変わり、座る人の背中を確実に支えます。肘部のベルトは耐久性を考慮しPVCになっており、適度にたわみ、スリングの名に恥じない弾力を持っています。

#チェア#ブラック#リビング#リクライニング#合成皮革#ラウンジチェア

chea07lf_p

chea07lf_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
また、在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07ls_p

chea07ls_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
また、在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07hf_p

chea07hf_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea07hs_p

chea07hs_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスチェアです。当時の製品は、チルト機構(前後に傾く)のみでしたが、E-comfortの製品では、高さ調節機能がついて更に使いやすくなっています。チャールズ・イームズがラウンジチェアを期に、重量を軽減する為のアルミニウムを採用し、安定性を向上させるため5本足のデザインを取り入れましたが、この頃にアルミダイキャスト大量生産技術の開発され、実現した製品なのです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。
また、在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。長年愛されているアルミナムグループなら、自宅での作業にも高い満足感を得られます。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。また、オーダーにてポリッシュ仕上げも承りますので、ご相談ください。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

chea08_p

chea08_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズのアルミナム オフィスグループ。当時のデザインテイストを基に作成した、パブリックベンチです。シェルチェアがリデザインされJR 駅のホームにあるベンチになったような、時代のニーズに合わせた様々な変化がデザインとして開花した作品です。

イームズが手掛けたオフィスチェアは、50年以上たった今でも色あせない輝きを放っています。ぜひ、シリーズでコーディネイトして使って頂きたいベンチです。

頑なに当時のオリジナル性を追求すること、新しい機能を加えてデザインを壊さないようにリプロダクションすること、どちらもジェネリックの有り方です。弊社は、現代の利用状況に合わせた家具作りを目指します。

弊社製品のフレームは、すべてアルミダイキャストにクロームメッキを施しています。

#チェア#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#玄関・エントランス#合成皮革#ベンチ#オフィスチェア