CH9156_6J8F

CH9156_6J8F

1958年にデザインされたプライウッドの座面を持つチェア。スチールレッグに、3次元成形された座面を持つ形状は、同時期を生きたイームズに多大な影響を受けています。その上で、オリジナリティを持ったフレームをもっていることから高い人気を誇っています。

薄い鉄板を曲げて作られる特徴的なフレームは、見た目の軽快感とは違って非常にしっかりとした構造を持っています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch8302apb12

CH8302APB12

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ブラック#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch8302a6h

ch8302a6h

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ブラック#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch8302apv02

ch8302apv02

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch8302apv01

ch8302apv01

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch7252sk09

ch7252_ml81sn09

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

c15013_pv01

C15013_PV01

1950〜70年代に数多く作られた名作チェアのファンバックチェアをリスペクトし、モダンテイストにリデザインした、フォークチェアです。

伝統的なデザインの背もたれを大胆にもプライウッドで作り、背あたりを大幅に改善しています。なおかつ、軽く仕上がるよう、座面もプライウッドで製作しています。これにより、見た目の軽やかなイメージそのままの軽く・扱いやすいダイニングチェアになりました。

コンパクトなダイニングにはぴったりのサイズです。お求めやすい価格を第一に、使いやすさを追求したフォークチェアでダイニングを彩ってみてはいかがでしょうか。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c16062_pu01sn11

C16062_PU01SN11

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。
1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

当時のテイストを生かしつつ、座面を一般的なPUレザー張りにして限定登場です。
E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c17719bpu01bk

C17719BPU01BK

細く、薄く。脚部の存在感を少なくし、浮遊感が特徴のスプリントチェアです。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch2113_sn10

CH2113_SN10

ニールス・O・モラーによりデザインされたNo.75 ダイニングチェアを連想させるフォルムでありながら、エッジを利かせたフレームはモダニズムを感じさせ、幅が狭くなった背もたれにより、軽量化が図られています。
北欧テイストだけでなく、様々な組み合わせが可能です。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c16049_ahbk

C16049_AHBK

グランプリチェアは1957年にデンマークが生んだ偉大なデザイナー兼建築家によって、イタリア ミラノで開催される美術展覧会に出品され、最高賞であるグランプリを受賞したことからその名がつけられました。セブンチェアに並ぶ、名作プライウッドのスタッキングチェアのひとつとなっています。

Yチェアを想像させる特徴的なY字のフォルムは成型合板の高度な技術を駆使して表現されており、一度は製品化されましたが数年で生産中止になったそうです。

ですがその造形美の美しさゆえに世界中の評価は高く、今なお人気のスタッキングチェアとなっています。

E-comfortのグランプリチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、耐久性の向上を図り、より洗練されたチェアとなりました。

軽量でスタッキングも可能なので、商業施設、オフィス、ご家庭と自由な発想でお使いいただけます。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch9332bpv01sk11

CH9332BPV01SK11

シンプルなスタイルで、北欧家具特有の懐かしさと温かみが感じられるデザイン。

座面と背もたれは身体にフィットするように曲げてあり、曲線のフォルムが一味違うアクセントに。ゆるやかな座面の傾斜で座り心地の良い姿勢を保ってくれます。

一点一点表情のちがう、無垢材ならではの魅力が詰まった一脚。ベーシックでどんな空間にも溶け込んでくれます。

小ぶりなサイズ感は、リビングやダイニング等に設置しても邪魔にならずインテリアとしてもコーディネイトしていただけます。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9332bpv02

CH9332BPV02

シンプルなスタイルで、北欧家具特有の懐かしさと温かみが感じられるデザイン。

座面と背もたれは身体にフィットするように曲げてあり、曲線のフォルムが一味違うアクセントに。ゆるやかな座面の傾斜で座り心地の良い姿勢を保ってくれます。

一点一点表情のちがう、無垢材ならではの魅力が詰まった一脚。ベーシックでどんな空間にも溶け込んでくれます。

小ぶりなサイズ感は、リビングやダイニング等に設置しても邪魔にならずインテリアとしてもコーディネイトしていただけます。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c16028_ml84sn12

C16028_ML84SN12

ND78 ダイニングチェアは美しい造形の背もたれを持つ北欧デザイナーの作品です。

ベーシックな座面と特徴的な背もたれのコントラストが目を引くデザインで、前面に貫を持たないことで足にあたる部分が少なく、より自由な姿勢で座ることができます。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

sd8304_sk11

SD8304_SK11

無垢材のみで構成され、直線を多用したシンプルなデザインに仕上げられているベンチ。

座面にはHipStampが施され、延長された座はフラットに仕上げられており、1人掛+サイドテーブルとして使用可能です。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

x15214_k503sn09

X15214_K503SN09

座面がリバーシブルになっており、組み合わせ次第でベンチにもテーブルにもなる汎用性の高いリバーソ ベンチテーブル 120。

無垢材とファブリックの組み合わせでコンパクトでスタリッシュなデザインでありながらも、高い実用性を実現。

住居の様々なシーンでお使いいただけます。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#テーブル#グレー#リビング#ファブリック#木製#ベンチ#木製#無垢天板#幅120cm以下#ローテーブル

x15214_pu04sn10

X15214_PU04SN10

座面がリバーシブルになっており、組み合わせ次第でベンチにもテーブルにもなる汎用性の高いリバーソ ベンチテーブル 120。

無垢材とファブリックの組み合わせでコンパクトでスタリッシュなデザインでありながらも、高い実用性を実現。

住居の様々なシーンでお使いいただけます。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#テーブル#グレー#リビング#ファブリック#木製#ベンチ#木製#無垢天板#幅120cm以下#ローテーブル

chbt36

chbt36

凛とした佇まいが美しく、無駄を一切省き洗練されたシンプルなチェア
「CH36 チェア」

1962年にアメリカのシェーカー家具から影響を受けデザインされ、上下に向かってすらりと細くエレガントな脚と直線的なフォルムでありながら、背もたれが優しくフィットする絶妙なカーブなど細やかな気遣いを感じられる設計に。
座面にはひとつひと人の手によって丁寧に編み込まれたペーパーコードにより、耐久性と快適性を実現。

優れた機能性の高さが評価され、ホームユースだけでなく会議室や教会などでも使用されました。
長く愛され、現代でもそのままの形を残すチェア。
使えば使うほど、木の味わいが増し年月の経過を楽しめる逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

chbt62

chbt62

妥協を許さない、職人による生産技術とデザイナーが膝を合わせ何度も何度も改良を重ね完成した名作PP68 チェア
デザイナーの過去の作品からよいエッセンスだけを取り出し、ぎゅっと詰め込んだチェアとなっています。

浅く掛けてもよし、または深く掛けてもよし。
ヒップ部分が突き出た状態でも座面のペーパーコードと背もたれが優しくフィットしてくれます。

もともとフェリーの客室用にとデザインされたもので、長時間座ることを想定して作られ簡単には壊れない強固な構造に設計されています。
尚且つ、コンパクトに収納できることを考えられており、椅子をテーブルの天板に引っ掛けて浮かせることもできる優れもの。

素朴でありながら、人の目を惹きつける独特なスタイル。
テーブルとのトータルデザインを崩すことなくチョイスできるチェアではないでしょうか。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c19324_sn11ppbk

c19324_sn11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn11

c19324_sn11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11ppbk

c19324_sb11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11

c19324_sb11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11ppbk

c19324_sk11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11

c19324_sk11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn12

C19324_SN12

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10ppbk

c19324_sn10ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10

c19324_sn10

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk09ppbk

c19324_sk09ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk09

c19324_sk09

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324c_sk11

c19324c_sk11

北欧デザイン・ダイニングチェアの名作をリスペクトし、大胆にリデザインした、リボーンチェアです。使い勝手の良いサイズ感はそのままに、骨太になったことで、体を預けた際の安心感が増しました。また、様々なインテリアにも自然にコーディネートできる懐の深さを持ち合わせています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

丁寧に研磨された無垢材のフレームは木の温もりを堪能いただけます。座面は各種ファブリック、レザーよりお選びいただけます。

E-comfortでは、皆様のご意見をもとにより良い家具作りをしてまいります。リボーンチェアは皆様の声を基に一緒に作り上げていく商品です。ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch9324bml57sn09

CH9324BML57SN09

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sn10

ch7252sn10

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sk09

ch7252sk09

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch8302apv09

ch8302apv09

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch8302apv03

ch8302apv03

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch8302apv08

ch8302apv08

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ホワイト#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

c16049_pv01

c16049_pv01

グランプリチェアは1957年にデンマークが生んだ偉大なデザイナー兼建築家によって、イタリア ミラノで開催される美術展覧会に出品され、最高賞であるグランプリを受賞したことからその名がつけられました。セブンチェアに並ぶ、名作プライウッドのスタッキングチェアのひとつとなっています。

Yチェアを想像させる特徴的なY字のフォルムは成型合板の高度な技術を駆使して表現されており、一度は製品化されましたが数年で生産中止になったそうです。

ですがその造形美の美しさゆえに世界中の評価は高く、今なお人気のスタッキングチェアとなっています。

E-comfortのグランプリチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、耐久性の向上を図り、より洗練されたチェアとなりました。

軽量でスタッキングも可能なので、商業施設、オフィス、ご家庭と自由な発想でお使いいただけます。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch9162_sn11

ch9162_sn11

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。

1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9162_sn10

ch9162_sn10

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。

1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア