ch7252sk09

ch7252_ml81sn09

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_r002sn11

CH7201_R002SN11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

c16028_ml84sn12

C16028_ML84SN12

ND78 ダイニングチェアは美しい造形の背もたれを持つ北欧デザイナーの作品です。

ベーシックな座面と特徴的な背もたれのコントラストが目を引くデザインで、前面に貫を持たないことで足にあたる部分が少なく、より自由な姿勢で座ることができます。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn11

c19324_sn11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn11ppbk

c19324_sn11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11

c19324_sb11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11ppbk

c19324_sb11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11

c19324_sk11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11ppbk

c19324_sk11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn12

C19324_SN12

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10

c19324_sn10

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10ppbk

c19324_sn10ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk09

c19324_sk09

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk09ppbk

c19324_sk09ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324c_sk11

c19324c_sk11

北欧デザイン・ダイニングチェアの名作をリスペクトし、大胆にリデザインした、リボーンチェアです。使い勝手の良いサイズ感はそのままに、骨太になったことで、体を預けた際の安心感が増しました。また、様々なインテリアにも自然にコーディネートできる懐の深さを持ち合わせています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

丁寧に研磨された無垢材のフレームは木の温もりを堪能いただけます。座面は各種ファブリック、レザーよりお選びいただけます。

E-comfortでは、皆様のご意見をもとにより良い家具作りをしてまいります。リボーンチェアは皆様の声を基に一緒に作り上げていく商品です。ぜひ、ご意見・ご感想をお聞かせください。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch9324bml57sn09

CH9324BML57SN09

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sn10

ch7252sn10

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sk09

ch7252sk09

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sn11

ch7201_sn11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_k501sb11

ch7201_k501sb11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#グリーン#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sb11

ch7201_sb11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sn09

ch7201_sn09

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

c16013b

c16013b

1926年にマルト・スタム(Mart Stam)はカンチレバーチェア、つまり片側だけフレームで全体を支える構造の椅子を世界で最初に作りました。カンチレバーチェアはもっともシンプルでスタンダードなタイプです。「カンチレバー」と「スチールフレーム」はバウハウスデザインの代名詞です。ミース・ファン・デル・ローエもマルト・スタムのこのチェア以降、カンチレバーチェアをいくつかデザインしています。

雲の上に浮かぶかのような掛け心地を目指したとして有名なチェアをリデザインしたのがこのチェアです。

E-comfortのマルトスアームチェアは、カンチレバーチェアの使い勝手の良さを保ちつつ、さらに洗練された印象を持ちます。より現代の空間に似合うようになり、ダイニングのみならずオフィスでも活躍することでしょう。こちらはアームも付いており、より楽な姿勢で長時間過ごすことが出来ます。

また、E-comfortの特長ともいえるステンレススチールをフレームに使い、メンテナンスの簡便さと耐久性を兼ね備えています。

#チェア#ブラック#ダイニング#合成皮革#アームチェア#ダイニングチェア

ch5077

ch5077

LC7 スウィベルチェアは、ピエール・ジャンヌレ、シャルロット・ペリアン、ル・コルビジェによって 1928年にデザインされました。コルビジェのピュリスムに傾倒していたことが窺える「垂直・水平・直角・回転」を体現したデザインとなっています。

コルビジェたちのエスプリをこの無骨さから存分に感じ取れるデザインと言っていいかもしれませんね。決して座りやすいとはいえないデザインですが時間がゆったりと過ぎてゆく空間に身を置いている贅沢感が楽しめるというところがポイントでしょうか?

肘部分のクッションにモールドウレタンフォームを採用し、高い技術力によるステンレス加工・仕上げと共に、また一つ、ジェネリック製品として満足いただける品質がお届けできるようになりました。

#チェア#ダイニング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#アームチェア#オフィスデスクチェア#ダイニングチェア

chm603b_wh

CHM603B_WH

数々のデザインコンペにて高評価を得ている、クラウディオ・フランシスコ・ベリーニ。氏がデザインした、フィッシュボーンチェアシリーズの中でも、リゾート感あふれる肘掛けを持つ4本脚の603B チェアです。

シンプルな脚と組み合わされた、特徴的なディティールを持つシェルが、モダンな佇まいを感じさせます。ステッチを意識するようなモールドでPP樹脂素材にありがちな滑りを抑制。すわり心地を大きく改善しています。デザインと機能性が一体となった、フィッシュボーンチェア。父である、マリオ・ベリーニは工業デザイナーとしても知られており、その影響を少なからず受けているのでしょう。

背もたれの張出しが目を引くデザインながら、あくまで機能的なフィッシュボーンチェア。リゾート感覚でお使いいただけます。

#チェア#ホワイト#ダイニング#スタッキング#プラスチック#アームチェア#ダイニングチェア

ch3039_ml51

ch3039_ml51

ブルーノ「Brno」とは「Brumn」ブリュン市のチェコ語の読みで、この街で設計された住宅のダイニングルームの為にデザインしたものです。この椅子に座るとエレガントさと引き締まった緊張感のようなイメージが湧いてきます。

何よりもこの椅子の特徴は、カンチレバー(片持ち構造)構造を基に設計され、建築のエッセンスが洗練された形で表現されている点です。オリジナルは、スチールバーで作られ、それまでスチールパイプで作られていた、カンチレバーの他のデザイナーの作品をリ・デザインして優れた作品として完成させた事が評価されています。

現在では、ステンレスの無垢材を使用して、磨き仕上げに優れた点をポイントにしています。

#チェア#ブラック#ダイニング#本革#アームチェア#ダイニングチェア

c16135

c16135

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、RAR。ロッカーベースを用いた ロッキング アームシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#リビング#子供部屋・キッズルーム#FRP#アームチェア#ラウンジチェア