ch7144_t501fg22

CH7144_T501FG22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7002dml51

CH7002DML51

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品はステンレスにより製作し、ステンレス溶接加工、ポリッシュ仕上げを行っています。

こちらは、モールドウレタンを使用した現代的なタイプ。高耐久性を持つ、バルセロナ オットマン です。

#チェア#ブラウン#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch8002a

ch8002a

バルセロナ チェアは、バルセロナ オットマンと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ チェアです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#リビング#本革#ラウンジチェア

ch8002dml01

CH8002DML01

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ オットマンです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#ブラック#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch8002dml81

CH8002DML81

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ オットマンです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#ブラック#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch8002d

ch8002d

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品は無垢のステンレススチールで製作し、ポリッシュ仕上げを行っています。

すっきりとした薄めのクッションを持つクラシカルタイプのバルセロナ オットマンです。

E-comfortでは無垢のステンレススチールにすることで錆に強く、いつまでも美しい輝きを実現致します。

#チェア#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch7002dml57

CH7002DML57

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品はステンレスにより製作し、ステンレス溶接加工、ポリッシュ仕上げを行っています。

こちらは、モールドウレタンを使用した現代的なタイプ。高耐久性を持つ、バルセロナ オットマン です。

#チェア#ブラウン#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

ch4068s_pv01

ch4068s_pv01

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。

いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。

その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。

そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)

発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。

「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。

#チェア#ブラック#リビング#回転式#木製#本革#ラウンジチェア

ch4068s_pv05

ch4068s_pv05

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ。

いくつものチェアをデザインしましたが、その中でも、彼らを最も象徴するチェアの1つとして挙げられるのが、1956年に発表された「イームズ ラウンジチェア&オットマン」ではないでしょうか。

この椅子のデザインの系譜として、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが協働で出品した1940年 MoMA開催の「Organic Design in Home Furnishings」コンペにまで遡り、すでにデザインのアイディアがあったと言われています。

その後、1945-1946年にチャールズとレイが、チェアを3つのセクションにわけ、それぞれを成型合板で構成したプロトタイプを製作しました。最終的に製品化されたラウンジチェアの原型ともいえる形状にまで進化しており、その後もいくつかのプロトタイプが作られています。

そして、1956年ようやく製品化に至ったのです。このときの製品化1台目(最終的な製品化の為のプロトタイプという説もある)が映画監督であり、イームズ夫妻の友人であったビリー・ワイルダーに贈られたという話は有名です。(贈られた理由が、「アカデミー賞の受賞祝い」や「誕生日祝い」などと諸説あるようですが、、、)

発売当初、404ドルと高価だったものの、1975年までに累計10万台を出荷するベストセラーになったといわれています。

「製造工程が複雑になれば販売価格が上がる」というのは今も昔も同じであり、ラウンジチェア&オットマンをデザインし始めた1940年代のイームズ夫妻も当然理解していたと思われ、そこから彼らの精神である「affordable furniture for the people.」が生まれたのではないかと思われます。

#チェア#ブラック#リビング#回転式#木製#本革#ラウンジチェア

c15004_ml81

C15004_ML81

E-comfortのS イージーチェアが、より洗練されたNewタイプに生まれ変わりました。

この独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインしました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

c15004

c15004

E-comfortのS イージーチェアが、より洗練されたNewタイプに生まれ変わりました。

この独特の白鳥(スワン)のような有機的なフォルムがもたらす機能性・座り心地など、すべてにおいてスカンジナビアンデザイン・北欧デザインの代表作として世界中に知れ渡っています。

このS イージーチェアは、コペンハーゲンのロイヤルホテルのためにE ラウンジチェアと共にデザインしました。 生い立ちからも、ラウンジやロビーに最適な事が分かります。ファブリックを張った硬質発泡ウレタン製のシェルと、アルミダイキャスト・ポリッシュ仕上げのベースから構成されています。

#チェア#ブラック#リビング#書斎・ホームオフィス#回転式#本革#ラウンジチェア

ch8148r

ch8148r

E ラウンジチェアは、独特の卵のような有機的なフォルムがもたらす機能性・すわり心地など、すべてにおいてスカンジナヴィアン・デザインの代表作として世界中に知られています。

ホテル等の公共空間において左右を囲まれたフォルムがプライバシーな空間を生み、まるで自分の部屋にいるような一時を演出できる優れたデザインとなっています。またサイドからみた綺麗な卵形は、一目でそれとわかる独特なオリジナリティを持っています。

この、E ラウンジチェア独特のデザインは「空間を作りだす力」を持っているのです。

E ラウンジチェアは2008年に50周年を迎え、E-comfortのE ラウンジチェアも回転機能にチルト機能を加えて、バージョンアップ。

この改良により、エッジが薄くなりフォルムにメリハリが生まれ、より完成度の高いE ラウンジチェアになりました。

オプションのオットマンと組み合わせて、シアタールームなどに是非お使い下さい。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#リクライニング#回転式#ファブリック#ラウンジチェア

ch7148d

ch7148d

E ラウンジオットマンは、独特の卵のような有機的なフォルムがもたらす機能性・すわり心地など、すべてにおいてスカンジナヴィアン・デザインの代表作として世界中に知られている、E ラウンジチェアと組み合わせるためにデザインされたものです。

ホテルのロビーに設置することを考えデザインされた、E ラウンジチェアと、E ラウンジオットマン。ぜひ、組み合わせてご使用下さい。より一層、くつろぎの空間となることでしょう。この機会にE ラウンジチェア&オットマンを手に入れてみてはいかがでしょうか。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#ファブリック#スツール#ラウンジチェア

ch7144_t501fm22

CH7144_T501FM22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7144_fg22

ch7144_fg22

ボールチェア(グローブチェアとも呼ばれる)は、フィンランドのデザイナー、エーロ・アールニオにより、最もシンプルな幾何学形態の1つである「ボール(球体)」を用いてデザインされました。

ボールの一部をカットし、ベースへと据え付けるという所作のみで、それまでには無かった形態の椅子を生み出し、20世紀の家具の歴史に残る名作となったのです。

1962年からボールチェアのデザインに取り掛かり、その後エーロ・アールニオ自らがプライウッドの鋳型とFRPを用いて最初のプロトタイプを製作し、エーロ・アールニオの自邸にてその驚異的なデザインを目にしたAskoの社員が自社での製品化を取り付けたと言われています。

製品化に至るまでに数年を要し、1966年のケルン国際家具フェアで初めて公に発表されました。同フェア内でセンセーションを巻き起こすと同時に、エーロ・アールニオはデザイナーとしての国際的な名声を手にしました。

居心地が良く、穏やかな雰囲気を与えてくれる「部屋の中のもう1つの部屋」と称されるボールチェアは、外部の雑音から守られることで、まるで個室の中にいるような空間を与えてくれます。

それぞれがプライバシーを保ち、読書や考え事、リラックスをする為のプライベートスペースとなります。

材質は、労働集約型の要素が高い1品1品型に入れて出来上がるFRPで成型しています。

脚部は、上部の重さに耐えられるようにアルミのダイキャスト加工にて抜きあげる製法で更に手で磨き上げ、塗装を重ねた製品です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#回転式#FRP#ファブリック#ラウンジチェア

ch7253_sn09

ch7253_sn09

1947年にデザインされたピーコック ラウンジチェアは、イギリスのウィンザーチェアをリデザインした北欧もの。

孔雀が羽を広げたような姿からピーコックチェアと呼ばれ、ウェグナーの友人でありライバルでもあったフィン・ユールが名付けたと言われている。

背のスポークが矢のように見えることから、アローチェアとも呼ばれている。

上に向かって広がりを持つ背のフォルムや、丸みを持った部材を多用しており、優しい印象を与えるデザインとなっている。

#チェア#リビング#木製#ラウンジチェア

ch7255_sn09

ch7255_sn09

「世界で最も美しいアームを持つチェア」と評されるNo.45 イージーチェア。フィン・ユールがヴィルヘルム・ラオリッツェン建築設計事務所から独立後に最初にデザインした家具である。製作を担った工房とフィン・ユールのコラボレーション、デザイナーとマイスターによる椅子デザインへの果てしない研鑽が、この1脚から始まったといわれています。

No.45 イージーチェアの最大の特徴はアームである。エッジはナイフのように薄く研ぎ出され、3次元曲面による美しいカーブで構成されています。

また、シートがフレームから浮いているように見えるデザインや、椅子の後ろ姿が美しい点などもフィン・ユール作品の特徴であり、最初に具現化されたチェアがNo.45 イージーチェアである。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#ファブリック#木製#ラウンジチェア

ch7282_sn09

ch7282_sn09

IL-10 イージーチェアはイブ・コフォード・ラーセンが1950年にデザインした小ぶりなイージーチェアである。

背を支えるフレームと後脚が特徴的なデザインであり、1949年に発表されたフィン・ユールのチーフティンチェアを参考にデザインされたものではないかと推察できる。

また、背と肘掛が一体となったデザインであることも特徴であり、見方によっては、これもフィン・ユールのペリカンチェアを参考にしたのではないだろうか。

日本の住宅事情にも、人体スケールにも合致する北欧デザインの名作。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#ラウンジチェア

ch9157sn11

ch9157sn11

優しい曲線美にあふれるコンターチェアは、オーストラリア出身のデザイナーの作品ながら、北欧デザインを連想させる温かみのあるデザインになっています。

クラシカルなディティールを持ちながら、すわり心地を優先した作りでゆったりを体を包むようにできています。やや小ぶりで、日本人にピッタリな大きさなのも見逃せないポイントです。

コンターオットマンとの組み合わせで、より快適仕様に変身です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#ラウンジチェア

ch9157dsn11

ch9157dsn11

優しい曲線美にあふれるコンターオットマンは、オーストラリア出身のデザイナーの作品ながら、北欧デザインを連想させる温かみのあるデザインになっています。

クラシカルなディティールを持ちながら、すわり心地を優先した作りでゆったりを体を包むようにできています。やや小ぶりで、日本人にピッタリな大きさなのも見逃せないポイントです。

コンターチェアとの組み合わせで、真価を発揮するオットマンです。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#スツール#ラウンジチェア

ch9157dsn09

ch9157dsn09

優しい曲線美にあふれるコンターオットマンは、オーストラリア出身のデザイナーの作品ながら、北欧デザインを連想させる温かみのあるデザインになっています。

クラシカルなディティールを持ちながら、すわり心地を優先した作りでゆったりを体を包むようにできています。やや小ぶりで、日本人にピッタリな大きさなのも見逃せないポイントです。

コンターチェアとの組み合わせで、真価を発揮するオットマンです。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#木製#スツール#ラウンジチェア

sf3009

sf3009

ル・コルビジェのLC4 シェーズロング Chaise Lounge は名作中の名作であり、コルビジェの作品群の中でも世界的な知名度を誇る作品です。しかし、実際のデザイナーは、コルビジェのアトリエに入所して1年目のシャルロット・ペリアンなのです。コルビジェのアトリエで進行していたチャーチ邸の為にデザインされた家具でした。

LC4 シェーズロングは、「コルビジェの建築のコンセプトを元に導かれた形」「休息椅子としての機能性」「装飾主義から抜け出し「設備」としての家具」というような要素を満たすものを生み出そうと努力をしたシャルロット・ペリアンにより生まれたものです。そんなLC4は、現在でも色あせない普遍の美しさを持っています。

しかし、知っている人たちは知っていますが・・・コルビジェ事務所の作品ですから実際のプロデューサーとしてコルビジェの名前が冠されているのでしょう。

最近、雑誌などで掲載される事で一般の方にも随分知られる事になり、イタリアや中国のリプロダクト・ジェネリック品が販売されるようになりました。リクライニング機能を持った椅子の種類としては、他の椅子の方が座りやすかったり肘掛があったほうが機能的にはもちろんいいのですが、LC4 シェーズロングが住宅やマンションに置かれる事により、空間全体のデザイン性のレベルがあがるのは、気のせいではなく、モダンなインテリアの原点としての大切な要素が確かにそこにあるのでしょう。

#チェア#グレー#ブラウン#ブラック#ホワイト#リビング#リクライニング#本革#ラウンジチェア

ch9103_pv02

ch9103_pv02

1963年にキャビネットメーカーズギルドで発表されたスリーレッグド・シェルチェア。この時点では商品化されず、1989年に 26年ぶりに12脚のみ試作された。その後デンマークのメーカーから1998年に商品化されています。

スリーレッグド・シェルチェアは、積層合板のパーツを組み合わせて形成されており、背もたれと座面のゆるやかな曲線がしっかりと体を支えてくれます。

美しくかつ印象的なフォルムと、座った瞬間にリラックス感を与えるこの椅子は、現代の成型合板の加工技術とデザイナーの美的感覚がうまく融合した作品です。

#チェア#リビング#木製#ラウンジチェア

ch9103_pv01

ch9103_pv01

1963年にキャビネットメーカーズギルドで発表されたスリーレッグド・シェルチェア。この時点では商品化されず、1989年に 26年ぶりに12脚のみ試作された。その後デンマークのメーカーから1998年に商品化されています。

スリーレッグド・シェルチェアは、積層合板のパーツを組み合わせて形成されており、背もたれと座面のゆるやかな曲線がしっかりと体を支えてくれます。

美しくかつ印象的なフォルムと、座った瞬間にリラックス感を与えるこの椅子は、現代の成型合板の加工技術とデザイナーの美的感覚がうまく融合した作品です。

#チェア#リビング#木製#ラウンジチェア

c16135

c16135

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、RAR。ロッカーベースを用いた ロッキング アームシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#リビング#子供部屋・キッズルーム#FRP#アームチェア#ラウンジチェア

ch4059_pv02

ch4059_pv02

LCWをはじめとする、成型合板による一連のチェア(他にLCM、DCM、DCW)は、チャールズ・イームズの代表作として、また、ミッドセンチュリーデザインの名作として知られています。1999年12月のTime magazine「The Best Of The Century」では、The Best Designとしても取り上げられています。

成型合板による3つのパーツを組み合わせたフレームに、3次元曲面による背と座の成型合板を、ラバーマウントを挟んでボルト留めをしたシンプルな構造です。。

背と座を一体成型にするのではなく、あえて2つのパーツにすることにより、荷重や衝撃を吸収するラバーマウントが十分にその効果を発揮するようデザインされています。

最初に製品化を行ったのは、チャールズ・イームズが当時勤めていたEvans Products Companyです。背と座のカーブを描く有機的な形状から、”the potato chip chair”というニックネームを持ちます。

チャールズ&レイ・イームズの功績は、成型合板という素材からスタートしたと言っても過言ではなく、安価で大量生産できるプロダクトの開発がそのコンセプトでした。デザイナーの使命として、一人でも多くの人に「役に立つものを提供する」というイームズの思想が、果たして、現代でも受け継がれているのでしょうか。

#チェア#リビング#木製#ラウンジチェア

ch4062a_ml51

ch4062a_ml51

PK22は、ミースのバルセロナチェアを参考にしてデザインした製品といわれています。

バルセロナ チェアより更に線が細く繊細なフォルムと座面構造が、リ・デザインのコンセプトを体現した製品として評価されています。現行のリプロダクト品の中でも品質に優れた点がお勧めです。

#チェア#ブラック#リビング#本革#ラウンジチェア

ch3029_pcbk

ch3029_pcbk

コルビジェのLC1 スリングチェア(バスキュラントチェアとも呼ばれる)は、水平・垂直・直角・回転(背・肘)という要素を含んでおり、コルビジェが建築に対して抱いていた概念をそのまま盛り込んだ家具作品といえます。

チャーチ邸の為にデザインされたLC1 スリングチェアは、後にLCシリーズとして彼の代表作品となります。

コルビジェは、LCシリーズの量産化へ向けてプジョー社へ依頼に行ったのですが、30分で交渉が決裂した逸話も残っており、結局、曲げ木家具で有名なトーネット社が生産を請け負いました。椅子の基本形は、その頃の既成の椅子からヒントを得たとされています。

背もたれ部分は左右の軸を中心に回転して角度が自由に変わり、座る人の背中を確実に支えます。肘部のベルトは耐久性を考慮しPVCになっており、適度にたわみ、スリングの名に恥じない弾力を持っています。

#チェア#ブラック#リビング#リクライニング#合成皮革#ラウンジチェア

ch3029_ml08

ch3029_ml08

コルビジェのLC1 スリングチェア(バスキュラントチェアとも呼ばれる)は、水平・垂直・直角・回転(背・肘)という要素を含んでおり、コルビジェが建築に対して抱いていた概念をそのまま盛り込んだ家具作品といえます。

チャーチ邸の為にデザインされたLC1 スリングチェアは、後にLCシリーズとして彼の代表作品となります。

コルビジェは、LCシリーズの量産化へ向けてプジョー社へ依頼に行ったのですが、30分で交渉が決裂した逸話も残っており、結局、曲げ木家具で有名なトーネット社が生産を請け負いました。椅子の基本形は、その頃の既成の椅子からヒントを得たとされています。

背もたれ部分は左右の軸を中心に回転して角度が自由に変わり、座る人の背中を確実に支えます。肘部のベルトは耐久性を考慮しPVCになっており、適度にたわみ、スリングの名に恥じない弾力を持っています。

#チェア#リビング#リクライニング#本革#ラウンジチェア

ch5083

ch5083

オレンジスライスはファッション性に富み、今までの家具にはなかった流麗な美しさを表現しています。スライスしたオレンジの皮のようなデザインが特徴的で、ピエール・ポーリンらしい表現手法で、高い評価を受けています。

オレンジスライス チェアはプライウッド(成型合板)のフレームにウレタンを張り込んで布等でカバーする構造をしています。これは、オーガニックチェア等と同じ手法になっており、ミッドセンチュリーのデザインテイストあふれるつくりとなっています。

製造手法はクラシカルですが、ゆったりとしたサイズと形状の良さで、安心感とくつろぎを与えてくれる椅子となっています。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#ファブリック#ラウンジチェア

ch9294_sn09

ch9294_sn09

チーフティンチェアは、数多くの名作椅子を持つフィン・ユール作品の中でも、No.45と並び、代表作と称されるチェア。フィン・ユール自身が自宅の暖炉の前でくつろぐ為にデザインされたと言われています。

1949年のギルド展でフレデリック国王が自ら腰掛けた椅子としても有名ですが、発表当時はこの椅子の強烈な印象から賛否両論を引き起こしました。

男性的で力強く、異国情緒あふれる風格は、No.45とは印象が異なります。フィン・ユールのデザインの幅広さを感じるものとなっています。

世界中のデンマーク大使館やミュージアムに所蔵されるなど、高い評価を受ける、チーフティンチェア。高品質なE-comfortのジェネリックなら、コレクションとしても最適です。

#チェア#リビング#木製#本革#ラウンジチェア

sf7223_sn11

sf7223_sn11

このウイングバック イージーチェアは、ボーエ・モーエンセンのハイバックチェアの中でも傑作と言われています。
モーエンセンの師である、コーア・クリントの影響を大きく受けた作品で、イギリス伝統様式のリデザインとしてクラシックかつ重厚なイメージを持つ一方で、北欧家具ならではのシンプルな機能美と、温かみのあるカーブを兼ね備えたウイングバックチェアなのです。
背もたれ部が高く 囲い込むようなデザインで、上半身を預けることで くつろぎの空間を作りだし、ゆったりとした時間を体験できます。
書斎や、ホームシアター等のプライベートルームで真価を発揮するのではないでしょうか。

#チェア#ソファ#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#リビング#書斎・ホームオフィス#ファブリック#本革#ラウンジチェア#1人掛け#ファブリック#本革