ch8302a6h

ch8302a6h

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ブラック#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch8302apb12

CH8302APB12

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ブラック#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

chea09hs_p

chea09hs_p

【こちらの商品は受注生産の注文が可能な商品です】

ミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズの代表的なエグゼクティブチェアのひとつです。
1959年にニューヨークのタイムライフビルのロビーのために設計されたことで別名「タイムライフチェア」とも呼ばれています。

ゆったりとしたサイズ感、脚部やフレームのアルミニウムの艶めき、張地と同素材のボタンがアクセントで磨き抜かれたディテールの完成度の高さが伺えます。

シートと背もたれのクッションはゆるやかに身体に沿ってグローブのようにやさしくフィットし疲れにくく、クッションにボリュームを持たせることで安定的な座り心地を実現しています。シートの高さ調節やリクライニング調節などの機能も完備。

在宅ワークやテレワークなど、ご自宅で仕事をされる方にも最適。自宅での作業にも高い満足感を得られます。

#チェア#ブラック#書斎・ホームオフィス#キャスター#回転式#合成皮革#オフィスデスクチェア#オフィスチェア#在宅ワーク#テレワーク#在宅勤務#リモートワーク#自宅勤務

c16062_pu01sn11

C16062_PU01SN11

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。
1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

当時のテイストを生かしつつ、座面を一般的なPUレザー張りにして限定登場です。
E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c17719bpu01bk

C17719BPU01BK

細く、薄く。脚部の存在感を少なくし、浮遊感が特徴のスプリントチェアです。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c16049_ahbk

C16049_AHBK

グランプリチェアは1957年にデンマークが生んだ偉大なデザイナー兼建築家によって、イタリア ミラノで開催される美術展覧会に出品され、最高賞であるグランプリを受賞したことからその名がつけられました。セブンチェアに並ぶ、名作プライウッドのスタッキングチェアのひとつとなっています。

Yチェアを想像させる特徴的なY字のフォルムは成型合板の高度な技術を駆使して表現されており、一度は製品化されましたが数年で生産中止になったそうです。

ですがその造形美の美しさゆえに世界中の評価は高く、今なお人気のスタッキングチェアとなっています。

E-comfortのグランプリチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、耐久性の向上を図り、より洗練されたチェアとなりました。

軽量でスタッキングも可能なので、商業施設、オフィス、ご家庭と自由な発想でお使いいただけます。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ch7002dml51

CH7002DML51

バルセロナ オットマンは、バルセロナ チェアと共に1929年のバルセロナ万博に際しデザインされた。スペイン国王夫妻を迎えるため、ドイツパビリオンの設計を依頼され建物・インテリア家具ともにデザインされたのです。その後1990年代から、様々な国で売れ続けており、ミースの建築の功績よりも有名になってしまったのではと思えるほどです。

バルセロナ チェア&オットマンのデザインの革新性は、当時のデザイナーが主に使っていた鋼管の代わりに、スチールバー(板状の鉄)を使用し溶接して仕上げ、鋼管家具の丸いパイプに比べて無駄のないすっきりとした美しさと、脚のクロスされたディテールにあります。バルセロナ チェア&オットマンのオリジナルは、スチールでしたが、私たちの製品はステンレスにより製作し、ステンレス溶接加工、ポリッシュ仕上げを行っています。

こちらは、モールドウレタンを使用した現代的なタイプ。高耐久性を持つ、バルセロナ オットマン です。

#チェア#ブラウン#リビング#本革#スツール#ラウンジチェア

sf8298cml71

SF8298CML71

ヴィコ・マジストレッティの代表作、マラルンガです。1920年に生まれたマジストレッティは、イタリアの一流家具ブランドでのデザイナーとして活躍し、プロダクトデザイナーとして100点以上のデザインの素晴らしい商品を世の中に発表してきたイタリアを代表するプロダクトデザイナーです。このマラルンガは、ジェネリック製品の中でも人気の製品の一つです。

マラルンガの最大の特徴は、フレキシブルバーを組み込む事によって実現した無段可動式の背もたれです。他のリプロダクト製品にありがちな段階式のものとは違い、なめらかな動きが特徴です。その為、より快適なすわり心地を実現しています。また、シート部分の”日本の座布団”を模したクッション性の高い構造は他に類を見ない、やわらかさと座りごこちを実現しています。

インテリアの知識の豊富な方からも、最高のすわり心地と評価が高く、1973年発表以来マラルンガは、まさにソファの最高のステータスとして現在でも知られています。

今回お届けするのは、プレミアムレザーを用いたE-comfort最高品質のマラルンガです。

#ソファ#ブラック#リビング#3人掛け#本革

t16300asn09

T16300ASN09

高級感たっぷりのダークウォールナットを使用し、一枚無垢天板を模した贅沢な造りのダイニングテーブルです。
カントリーにもモダンにも合わせられるシンプルで骨太なフレームが特徴ですが、直線的なデザインのチェアと組み合わせるとテーブルの魅力がより一層引き立ちます。

木目が際立つダークウォールナットは、E-comfortでは通常使用しない別注素材。このテーブルシリーズの為に選ばれ、デザイナーズ家具と同じ工場で作られます。仕入担当もおすすめの逸品です。

#テーブル#ダイニング#木製#無垢天板#幅160cm以下#ダイニングテーブル

t16318csn09

T16318CSN09

贅沢に使用したウォールナット無垢材の重厚感と天然木材ならではの温かみが感じられるダイニングテーブルです。

和と洋どちらにも馴染むところが魅力で、脚部もブラック塗装にすることで高級感がより一層増したデザインに。また、地面に接地している面積が広いので安定感も抜群です。

木目が際立つダークウォールナットは、E-comfortでは通常使用しない別注素材。このテーブルシリーズの為に選ばれ、デザイナーズ家具と同じ工場で作られます。仕入担当もおすすめの逸品です。

#テーブル#ダイニング#木製#無垢天板#幅160cm以下#ダイニングテーブル

dt9540bpv01sb11

DT9540BPV01SB11

Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)のデザイナーズ家具を代表する作品で、シンプルなデザインのテーブル、ソルベイ テーブル w150です。

特殊なフレーム構造を持っており、天板に荷重がかかると安定するというプルーヴェの構造美学が垣間見える作品です。

長方形のデザインを持つこの製品は、4人掛けできるダイニングテーブルの提案として最適です。

#テーブル#ダイニング#木製#幅150cm以下#ダイニングテーブル

dtm866

DTM866

グザビエ・ポシャールによってデザインされたマリーンテーブルです。

このマリーンテーブルは、マリーンチェアと同じシリーズのテーブルとしてデザインされました。脚に、マリーンチェアと同様のプレスを入れて一緒に使った時の一体感を表現しています。

このシリーズは世界的に受け入れられ、フランスのカフェを飾り、学校や病院などでも採用されました。耐久性が高く、使い勝手の良いデザインで広く支持されたのです。

天板にチーク材を用いており、マリーンチェアだけでなく様々なデザイナーズチェアと相性の良い仕様となっています。空間をより豊かに表現してくれる一助となることでしょう。

#テーブル#ダイニング#木製#カフェテーブル#ダイニングテーブル

sd9306_pv01bk

SD9306_PV01BK

香港のレストランの「ヤードバード」の為に特別にデザインされた
Yardbairdシリーズのダイニングテーブルです。
ショーン・ディックスが得意とするウッド天板にスチール製の脚部の組み合わせ。
北欧テイストにもモダンな空間にもソリッドで現代的な印象に。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#テーブル#ダイニング#木製#幅120cm以下#カフェテーブル#ダイニングテーブル

sd9306_pv02bk

SD9306_PV02BK

香港のレストランの「ヤードバード」の為に特別にデザインされた
Yardbairdシリーズのダイニングテーブルです。
ショーン・ディックスが得意とするウッド天板にスチール製の脚部の組み合わせ。
北欧テイストにもモダンな空間にもソリッドで現代的な印象に。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#テーブル#ダイニング#木製#幅120cm以下#カフェテーブル#ダイニングテーブル

sd9345bpv01bk

SD9345BPV01BK

スプートニク計画は1950年代後半に旧ソ連によって地球を回る軌道上に打ち上げられた、人類初の無人人工衛星の計画です。SPUTNIKサイドテーブルは、その名を冠したミニマルデザインのテーブルです。

2種類の大きさのバリエーションがあり、シチュエーションに応じてお選びいただけます。

=DIX COLLECTION=

アメリカ、ミラノ、香港と活動の場を移しながら、建築・インテリア・家具・ストアブランディングなどのデザイン活動を行うアメリカ人デザイナー/Sean Dixが手掛ける家具コレクション。

#テーブル#リビング#子供部屋・キッズルーム#木製#丸形#サイドテーブル

c19324_sb11

c19324_sb11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11ppbk

c19324_sb11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c16136

c16136

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、DSR。ロッドベースを用いた サイドシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#FRP#ダイニングチェア

c16137_sn11

c16137_sn11

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、DSW。ウッドレッグを用いた サイドシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#FRP#ダイニングチェア

c16137_sk09

c16137_sk09

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ&レイ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアシリーズです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つで、見事に2位となった作品です。

その頃チャールズ・イームズは、成型合板を用いた大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとしていましたが、成型合板での製作が困難を極めました。イームズは製品化をあきらめず、当時新素材であったFRPを使用して見事に製品化・販売されることになったのです。

型を利用してファイバーグラスウールを何層にも接着して最後に外形を整えて生産されるシェルチェアは、革新的な大量生産品として世に出されました。

ウッドレッグ、エッフェルベース、ロッドベース、スタッキングベース、ロッカーベース、Hベース、キャッツクレードルなど多様なデザインの脚の選択と、サイドシェル、アームシェル、と2種類の座面を組み合わせで、様々なシーンにマッチするシェルチェアを作り出しました。

こちらは、DSW。ウッドレッグを用いた サイドシェルチェア です。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#FRP#ダイニングチェア

c16103

c16103

今回、製造方法を見直してリーズナブルになり、イームズが目指した「みんなのチェア」により近づいた改良版です。

チャールズ・イームズといえば、ミッドセンチュリーを代表するシェルチェアです。シェルチェアは、1948年に近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として家具非営利団体の共催で行った『ローコスト家具デザインコンペ」に出品した作品の一つでした。

結果、見事に2位となったシェルチェアは、その頃、チャールズ・イームズが取り組んでいた成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。しかし、成型での製作が難しくあきらめずに新素材FRPを使用して見事に製品化されたものです。

こちらは、スタッキングができる脚部を持つ、Dining Side-chair Stacking-baseでDSS シェルチェアとなります。様々な脚のバリエーションを持つシェルチェアですが、DSSは施設利用も考えた仕様となっています。

#チェア#グリーン#グレー#ブラック#ブルー#ホワイト#レッド#ダイニング#スタッキング#FRP#ダイニングチェア

ch7201_sn11

ch7201_sn11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sb11

ch7201_sb11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

ch7201_sn09

ch7201_sn09

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

c16013a

c16013a

1926年にマルト・スタム(Mart Stam)はカンチレバーチェア、つまり片側だけフレームで全体を支える構造の椅子を世界で最初に作りました。カンチレバーチェアはもっともシンプルでスタンダードなタイプです。「カンチレバー」と「スチールフレーム」はバウハウスデザインの代名詞です。ミース・ファン・デル・ローエもマルト・スタムのこのチェア以降、カンチレバーチェアをいくつかデザインしています。

雲の上に浮かぶかのような掛け心地を目指したとして有名なチェアをリデザインしたのがこのチェアです。

E-comfortのマルトスチェアは、カンチレバーチェアの使い勝手の良さを保ちつつ、さらに洗練された印象を持ちます。より現代の空間に似合うようになり、ダイニングのみならずオフィスでも活躍することでしょう。また、E-comfortの特長ともいえるステンレススチールをフレームに使い、メンテナンスの簡便さと耐久性を兼ね備えています。

#チェア#ブラック#ダイニング#合成皮革#ダイニングチェア

c16013b

c16013b

1926年にマルト・スタム(Mart Stam)はカンチレバーチェア、つまり片側だけフレームで全体を支える構造の椅子を世界で最初に作りました。カンチレバーチェアはもっともシンプルでスタンダードなタイプです。「カンチレバー」と「スチールフレーム」はバウハウスデザインの代名詞です。ミース・ファン・デル・ローエもマルト・スタムのこのチェア以降、カンチレバーチェアをいくつかデザインしています。

雲の上に浮かぶかのような掛け心地を目指したとして有名なチェアをリデザインしたのがこのチェアです。

E-comfortのマルトスアームチェアは、カンチレバーチェアの使い勝手の良さを保ちつつ、さらに洗練された印象を持ちます。より現代の空間に似合うようになり、ダイニングのみならずオフィスでも活躍することでしょう。こちらはアームも付いており、より楽な姿勢で長時間過ごすことが出来ます。

また、E-comfortの特長ともいえるステンレススチールをフレームに使い、メンテナンスの簡便さと耐久性を兼ね備えています。

#チェア#ブラック#ダイニング#合成皮革#アームチェア#ダイニングチェア

c19109_sn11

c19109_sn11

北欧デザインの代表作。1956年にデザインされた木製ダイニングチェア。スタッキングが可能という特徴を持ち、それを可能にするための様々なアイディアが詰め込まれたデザインとなっています。

当時としては、画期的なアイディアとデザインでしたが、プロトタイプのみが製作されただけで、製品化には至りませんでした。当時の製造技術では量産化が困難で、非常にコストがかかるデザインだったのです。

それから約半世紀。ようやくジェネリックプロダクト(リプロダクト)での製品化が実現しました。

#チェア#グレー#ブラウン#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

c19109_sn10

c19109_sn10

北欧デザインの代表作。1956年にデザインされた木製ダイニングチェア。スタッキングが可能という特徴を持ち、それを可能にするための様々なアイディアが詰め込まれたデザインとなっています。

当時としては、画期的なアイディアとデザインでしたが、プロトタイプのみが製作されただけで、製品化には至りませんでした。当時の製造技術では量産化が困難で、非常にコストがかかるデザインだったのです。

それから約半世紀。ようやくジェネリックプロダクト(リプロダクト)での製品化が実現しました。

#チェア#グレー#ブラウン#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

CH30ダイニングチェア(リプロダクト)

ch9517_sn11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_sk11

ch9517_sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_sn09

ch9517_sn09

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

bs7279aml81sn09

BS7279AML81SN09

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml51sn09

bs7280aml51sn09

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

高さは2種類をご用意。用途に合わせてコーディネイトしていただけます。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml81sn09

bs7280aml81sn09

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

#チェア#ブラック#キッチン#ダイニング#本革#スツール

bs7280aml01sn11

BS7280AML01SN11

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

高さは2種類をご用意。用途に合わせてコーディネイトしていただけます。

フレームは3種、座面はファブリックもしくはレザー張りで複数色から選ぶ事が可能です。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7194cml51

bs7194cml51

ワイヤーのみで構成された、アート作品と表現すべき美しいベルトイア スツール シート&バックパッド

ワイヤーの網目は曲面に合わせて一つ一つ形を変えて配列してあり、ただ座るだけでなく透けて見える背景をも取り込んで一つの作品にしてしまう力を持っています。

チャールズ&レイ・イームズと共同開発をしている頃、彼に先んじてワイヤーシェル構造を発想しましたが、作品を発表するのが遅れたため、後発と認識されてしまったつらい過去を持つ作品です。

ダイヤモンドチェア、サイドチェア、スツールとワイヤーメッシュ構造で作られたベルトイアの作品群。このシリーズのみをデザインして家具デザインから身を引いたベルトイアと、金属で儚さをも表現しているかのようなチェア。ただ美しいだけではない、歴史も所有してはいかがでしょうか。

#チェア#ブラック#キッチン#ダイニング#本革#スツール

chm856

chm856

A-CHAIR エーチェア(マリーンチェア)は、グザビエ・ポシャールが1934年にデザインした、亜鉛メッキ鋼板を使用した最初のチェアです。独特の鈍い光沢、触感などが当時の人々をひきつけました。

フランス海軍に採用され、長年愛用されたことで知られています。

また、スタッキング可能でアウトドアでも使用できるなど機能的だったので、商業的に大成功をおさめます。その最大の要因は、折りたたんだメタルシートを採用したことによる、軽量化でした。見た目よりも軽やかなマリーンチェアは、パリをはじめとするフランスのカフェなどではよく見かけられます。

21世紀に入っても世界中から注目されるマリーンチェアは、ニューヨーク近代美術館やポンピドゥー・センターなどにコレクションされています。

E-comfortのマリーンチェアは、デザインされた初期の質感を漂わせるユーズド加工仕上げで、存在感たっぷりです。

#チェア#ブラック#ダイニング#ダイニングチェア

ct3005asn05

CT3005ASN05

ジョージ・ネルソンは、アメリカでチャールズ&レイ・イームズの製品をプロデュースし、また、彼独自のデザインセンスでいくつものオリジナル商品を作り出しています。

1946年にデザインされた、このネルソンベンチもその一つで、他にない商品、家具のアイテムとしての新提案を行った実験的な作品といえます。プラットフォームベンチ(PLATFORM BENCH)とネーミングされ、アジアのテイストを盛り込んだ、現在でも通用するベーシックなアイテムとしてその魅力は褪せません。

和のテイストも含み、モダンな家やアジアンテイストのインテリアにも馴染みます。ライフスタイルに木の温かみを手ごろに感じられる製品としてネルソンベンチは人気商品です。

E-comfortでは、センターテーブルとして使っていただけるよう、ネルソンベンチ専用の強化ガラス天板もご用意しております。

2019/4/10より新価格になりました。より一層お買い求めしやすい価格になって、「design for all」を表す一品となっています。

#テーブル#ブラウン#リビング#ガラス天板#木製#無垢天板#幅140cm以下#ローテーブル

ct3005asb10

ct3005asb10

ジョージ・ネルソンは、アメリカでチャールズ&レイ・イームズの製品をプロデュースし、また、彼独自のデザインセンスでいくつものオリジナル商品を作り出しています。

1946年にデザインされた、このネルソンベンチもその一つで、他にない商品、家具のアイテムとしての新提案を行った実験的な作品といえます。プラットフォームベンチ(PLATFORM BENCH)とネーミングされ、アジアのテイストを盛り込んだ、現在でも通用するベーシックなアイテムとしてその魅力は褪せません。

和のテイストも含み、モダンな家やアジアンテイストのインテリアにも馴染みます。ライフスタイルに木の温かみを手ごろに感じられる製品としてネルソンベンチは人気商品です。

E-comfortでは、センターテーブルとして使っていただけるよう、ネルソンベンチ専用の強化ガラス天板もご用意しております。

2019/4/10より新価格になりました。より一層お買い求めしやすい価格になって、「design for all」を表す一品となっています。

#テーブル#ブラウン#リビング#ガラス天板#木製#無垢天板#幅140cm以下#ローテーブル

ch3039_ml51

ch3039_ml51

ブルーノ「Brno」とは「Brumn」ブリュン市のチェコ語の読みで、この街で設計された住宅のダイニングルームの為にデザインしたものです。この椅子に座るとエレガントさと引き締まった緊張感のようなイメージが湧いてきます。

何よりもこの椅子の特徴は、カンチレバー(片持ち構造)構造を基に設計され、建築のエッセンスが洗練された形で表現されている点です。オリジナルは、スチールバーで作られ、それまでスチールパイプで作られていた、カンチレバーの他のデザイナーの作品をリ・デザインして優れた作品として完成させた事が評価されています。

現在では、ステンレスの無垢材を使用して、磨き仕上げに優れた点をポイントにしています。

#チェア#ブラック#ダイニング#本革#アームチェア#ダイニングチェア