ct3001_sn11

ct3001_sn11

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅140cm以下#ローテーブル

ct3001_sk11

ct3001_sk11

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#ブラウン#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅140cm以下#ローテーブル

ct3001_sn12

CT3001_SN12

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅120cm以下#ローテーブル

ct3001_sn05

CT3001_SN05

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#ブラック#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅120cm以下#ローテーブル

ct3001_sn18

CT3001_SN18

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#ブラウン#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅120cm以下#ローテーブル

ct3001_sb10

ct3001_sb10

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#ブラック#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅140cm以下#ローテーブル

ct3001_sn09

ct3001_sn09

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅140cm以下#ローテーブル

ct5078_pv03

CT5078_PV03

Coffee Table Woodlegs 通称 CTWは、1946年に作られました。このテーブルの特徴は天板中央の窪みで、デザインが強度を持たせるための構造になっているという、美しさと機能性を兼ね備えたものになっています。

初期には3本脚のものが生産されましたが、すぐに4本脚に変更され現在まで愛され続ける製品となりました。プライウッドの技術を活かす事をテーマに、イームズはさまざまな製品をデザインしましたが、素晴らしい作品がたくさん残っている事実が改めてデザイナーとしての偉大さを感じるところです。

このCTW コーヒーテーブルは組立て式になっていて、天板と脚部をネジで留めるだけの簡単な仕様となっています。

#テーブル#リビング#和室#子供部屋・キッズルーム#木製#丸形#ローテーブル