CT6132A8P

CT6132A8P

チューリップチェア シリーズと同じアルミダイキャスト製の脚をもつ、チューリップコーヒーテーブル マーブル。ミッドセンチュリーの真骨頂ともいえる優美なデザインです。豪華な雰囲気が漂う大理石と、気軽に使えるMDF突板仕上げの2種類をラインナップ。

世界中で愛される、エーロ・サーリネンのチューリップコーヒーテーブルもE-comfortならお手頃価格でお買い求めできます。

#テーブル#リビング#寝室・ベッドルーム#丸形#サイドテーブル

CH9156_6J8F

CH9156_6J8F

1958年にデザインされたプライウッドの座面を持つチェア。スチールレッグに、3次元成形された座面を持つ形状は、同時期を生きたイームズに多大な影響を受けています。その上で、オリジナリティを持ったフレームをもっていることから高い人気を誇っています。

薄い鉄板を曲げて作られる特徴的なフレームは、見た目の軽快感とは違って非常にしっかりとした構造を持っています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ct3035

ct3035

E1027 サイドテーブルは、アイリーンがインテリアデザインを手がけたE1027邸での仕事でデザインされた数多くの鋼管家具の一つです。

なぜこの製品が有名なのかというと、とても使い易いからでしょう。支持脚が端によることで、ベッドでの朝食用のテーブルとしてベッドの上まで伸ばす事ができ、高さも自由に変えられるという可変性が優れた流麗なフォルムにまとめられています。ユニバーサルデザインにも通じるものがあります。

現在では、木材や樹脂などでリデザインされたものが、数多く開発されていますが、現在でもこのテーブルを超えるデザインは出ていないのではないでしょうか?そのくらい「名作中の名作 デザイナーズ家具」の一つです。

E-comfortでは、この名作テーブルをここ数年改良してきました。この度、一つの完成形を皆様にご提供いたします。

#テーブル#リビング#寝室・ベッドルーム#書斎・ホームオフィス#ガラス天板#丸形#サイドテーブル

ch7201_r002sn11

CH7201_R002SN11

オーガニックチェアは、近代デザイン製品をコレクションすることで他の美術館との差別化を意欲的にはかっていたMoMA(Museum of Modern Art)が、その活動の一環として1940年に開催した「近代家具のオーガニックデザインコンペ」に出品した作品の1つでした。

結果、椅子部門で1位となったオーガニックチェアとは、その頃、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが取り組んでいた、成型合板での大量生産可能な新時代のデザインを実現しようとした本格的な取組みでした。

オーガニックチェアはブームの北欧系インテリアとミッドセンチュリーの丁度中間のテイストを持ち、どちらのテイストにもなじむデザインとなっております。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#アームチェア#ダイニングチェア

c16062_pu01sn11

C16062_PU01SN11

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。
1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

当時のテイストを生かしつつ、座面を一般的なPUレザー張りにして限定登場です。
E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9332bpv01sk11

CH9332BPV01SK11

シンプルなスタイルで、北欧家具特有の懐かしさと温かみが感じられるデザイン。

座面と背もたれは身体にフィットするように曲げてあり、曲線のフォルムが一味違うアクセントに。ゆるやかな座面の傾斜で座り心地の良い姿勢を保ってくれます。

一点一点表情のちがう、無垢材ならではの魅力が詰まった一脚。ベーシックでどんな空間にも溶け込んでくれます。

小ぶりなサイズ感は、リビングやダイニング等に設置しても邪魔にならずインテリアとしてもコーディネイトしていただけます。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9332bpv02

CH9332BPV02

シンプルなスタイルで、北欧家具特有の懐かしさと温かみが感じられるデザイン。

座面と背もたれは身体にフィットするように曲げてあり、曲線のフォルムが一味違うアクセントに。ゆるやかな座面の傾斜で座り心地の良い姿勢を保ってくれます。

一点一点表情のちがう、無垢材ならではの魅力が詰まった一脚。ベーシックでどんな空間にも溶け込んでくれます。

小ぶりなサイズ感は、リビングやダイニング等に設置しても邪魔にならずインテリアとしてもコーディネイトしていただけます。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c16028_ml84sn12

C16028_ML84SN12

ND78 ダイニングチェアは美しい造形の背もたれを持つ北欧デザイナーの作品です。

ベーシックな座面と特徴的な背もたれのコントラストが目を引くデザインで、前面に貫を持たないことで足にあたる部分が少なく、より自由な姿勢で座ることができます。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

chbt36

chbt36

凛とした佇まいが美しく、無駄を一切省き洗練されたシンプルなチェア
「CH36 チェア」

1962年にアメリカのシェーカー家具から影響を受けデザインされ、上下に向かってすらりと細くエレガントな脚と直線的なフォルムでありながら、背もたれが優しくフィットする絶妙なカーブなど細やかな気遣いを感じられる設計に。
座面にはひとつひと人の手によって丁寧に編み込まれたペーパーコードにより、耐久性と快適性を実現。

優れた機能性の高さが評価され、ホームユースだけでなく会議室や教会などでも使用されました。
長く愛され、現代でもそのままの形を残すチェア。
使えば使うほど、木の味わいが増し年月の経過を楽しめる逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

chbt62

chbt62

妥協を許さない、職人による生産技術とデザイナーが膝を合わせ何度も何度も改良を重ね完成した名作PP68 チェア
デザイナーの過去の作品からよいエッセンスだけを取り出し、ぎゅっと詰め込んだチェアとなっています。

浅く掛けてもよし、または深く掛けてもよし。
ヒップ部分が突き出た状態でも座面のペーパーコードと背もたれが優しくフィットしてくれます。

もともとフェリーの客室用にとデザインされたもので、長時間座ることを想定して作られ簡単には壊れない強固な構造に設計されています。
尚且つ、コンパクトに収納できることを考えられており、椅子をテーブルの天板に引っ掛けて浮かせることもできる優れもの。

素朴でありながら、人の目を惹きつける独特なスタイル。
テーブルとのトータルデザインを崩すことなくチョイスできるチェアではないでしょうか。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c19324_sn11

c19324_sn11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn11ppbk

c19324_sn11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11

c19324_sb11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sb11ppbk

c19324_sb11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラック#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11

c19324_sk11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11ppbk

c19324_sk11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn12

C19324_SN12

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10

c19324_sn10

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10ppbk

c19324_sn10ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

ch9162_sn10

ch9162_sn10

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。

1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9162_sn09

ch9162_sn09

ボーエ・モーエンセンがF.D.Bの家具部門責任者として活動していたときにデザインしたのが、シェーカーチェア J39である。

師であるコーア・クリントから、一般市民の為の安価で質の高い家具を、という要求に対し、装飾を排したシェーカー家具にインスパイアを受けリ・デザインしたもの。第2次大戦下の物の無い時代背景に後押しされ、多くの市民に支持されたといわれている。

シェーカー様式の特徴は、細い背板がラダー状に(梯子のように)なっている。ボーエ・モーエンセンは、これを大きな一枚板によるデザイン処理を行い、より完成された美しいプロポーションを実現させた。

当時の座面は藁ヒモであったが、後にペーパーコードへと変わっている。

1944年に発表されてから60年以上経過した今もなおベストセラーを続けるJ39は、ウィッシュボーンチェアと並ぶ名作チェアである。

E-comfortのシェーカーチェアは、背板を3枚の単版成型で製作しています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

c19109_sn11

c19109_sn11

北欧デザインの代表作。1956年にデザインされた木製ダイニングチェア。スタッキングが可能という特徴を持ち、それを可能にするための様々なアイディアが詰め込まれたデザインとなっています。

当時としては、画期的なアイディアとデザインでしたが、プロトタイプのみが製作されただけで、製品化には至りませんでした。当時の製造技術では量産化が困難で、非常にコストがかかるデザインだったのです。

それから約半世紀。ようやくジェネリックプロダクト(リプロダクト)での製品化が実現しました。

#チェア#グレー#ブラウン#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

CH30ダイニングチェア(リプロダクト)

ch9517_sn11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_sk11

ch9517_sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#イエロー#オレンジ#グリーン#グレー#ブラウン#ブラック#ブルー#ベージュ#ホワイト#レッド#ダイニング#ファブリック#木製#本革#ダイニングチェア

ch9517_k507sk11

ch9517_k507sk11

普段使い出来るイスとしてデザインされた、9517ダイニングチェアです。

背もたれと脚との接合部をあえて表に出して見せるデザインがポイントになっていて、大き目の座面に薄手のクッションを備え、使いやすさと美しいデザインの調和が素晴らしいダイニングチェアです。

フレームと座面・背もたれを結合するネジが表面に見えないような作りで、ベーシックながら凝った作りになっています。世界のベーシックチェアのジェネリックプロダクト第2章、仕様を自由に選べるようになって再登場です。

#チェア#グリーン#ブルー#ダイニング#ファブリック#木製#ダイニングチェア

bs7279aml81sn09

BS7279AML81SN09

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7279aml82sn11

bs7279aml82sn11

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#キッチン#木製#本革#スツール

bs7279a_sn11

bs7279a_sn11

デンマークのデザイナー、エリック・バックによるカウンタースツールです。完成度の高いデザインで有名なエリック・バックの椅子では、座面が浮いて見えるダイニングチェアが有名ですが、こちらは可愛らしいカウンタースツールとなっています。相変わらず高い次元でまとめられた隙の無いデザインで、使い勝手の良さを想像させます。

用途に合わせて、高さが2種類用意されているのもポイントでミニバーなどのコーディネイトで高い評価を得ています。

#チェア#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml51sn09

bs7280aml51sn09

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

高さは2種類をご用意。用途に合わせてコーディネイトしていただけます。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

bs7280aml01sn11

BS7280AML01SN11

デンマークのデザイナー、ヨハネス・アンダーセンによるカウンタースツールです。レトロな雰囲気がたまらない、ベーシックなデザインとなっています。

高さは2種類をご用意。用途に合わせてコーディネイトしていただけます。

フレームは3種、座面はファブリックもしくはレザー張りで複数色から選ぶ事が可能です。

#チェア#ブラック#キッチン#木製#本革#スツール

c15013_pk01

c15013_pk01

1950〜70年代に数多く作られた名作チェアのファンバックチェアをリスペクトし、モダンテイストにリデザインした、フォークチェアです。

伝統的なデザインの背もたれを大胆にもプライウッドで作り、背あたりを大幅に改善しています。なおかつ、軽く仕上がるよう、座面もプライウッドで製作しています。これにより、見た目の軽やかなイメージそのままの軽く・扱いやすいダイニングチェアになりました。

コンパクトなダイニングにはぴったりのサイズです。お求めやすい価格を第一に、使いやすさを追求したフォークチェアでダイニングを彩ってみてはいかがでしょうか。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9110apv02

ch9110apv02

強度の出せるプライウッドにより実現できた、細さと美しい曲線を両立させた見事なチェア。イチョウの葉っぱのようにも見える、背もたれ。一見すると華奢なようですが、くびれに向かって徐々に厚みが増す成形合板によって、十分な強度と見た目の繊細さを併せ持っています。

より完成度を増した成形合板技術によって誕生したこのチェアは、この時期、急速に発展していく工業技術とリンクしているかのようで、興味深いものとなっています。

ジョージ・ネルソンがデザインした、プレッツェルチェアにインスピレーションを受けた、チャーナーチェア。そこからネルソンらしさをそぎ落とした、サイドチェア。ノーマン・チャーナーの表現の豊かさを感じる作品ではないでしょうか。

仕様 SPECI

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9110apk01

ch9110apk01

強度の出せるプライウッドにより実現できた、細さと美しい曲線を両立させた見事なチェア。イチョウの葉っぱのようにも見える、背もたれ。一見すると華奢なようですが、くびれに向かって徐々に厚みが増す成形合板によって、十分な強度と見た目の繊細さを併せ持っています。

より完成度を増した成形合板技術によって誕生したこのチェアは、この時期、急速に発展していく工業技術とリンクしているかのようで、興味深いものとなっています。

ジョージ・ネルソンがデザインした、プレッツェルチェアにインスピレーションを受けた、チャーナーチェア。そこからネルソンらしさをそぎ落とした、サイドチェア。ノーマン・チャーナーの表現の豊かさを感じる作品ではないでしょうか。

仕様 SPECI

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch9156_pv01

ch9156_pv01

1958年にデザインされたプライウッドの座面を持つチェア。スチールレッグに、3次元成形された座面を持つ形状は、同時期を生きたイームズに多大な影響を受けています。その上で、オリジナリティを持ったフレームをもっていることから高い人気を誇っています。

薄い鉄板を曲げて作られる特徴的なフレームは、見た目の軽快感とは違って非常にしっかりとした構造を持っています。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch8307_pv02

ch8307_pv02

Jean Prouve(ジャン・プルーヴェ)のデザイナーズ家具を代表する作品の1つで、学生時代を思い出させてくれるデザインのイス「Standard Chair(スタンダードチェア)」です。

このStandard Chair(スタンダードチェア)は、シンプルなフォルムが特徴のデザイナーズチェアです。幅広な3Dの後ろ脚に比べ、細いスチールパイプの前脚。その後ろ脚は、人間がもたれかかっても力を吸収して快適に座れるために必要最小限なフィルムをしています。このイスは背と座が、プライウッド(成型合板)で製造されています。

E-comfortのStandard Chair(スタンダードチェア)は、フレームをブラック/ホワイトからお選びいただけます。

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ch7177b

ch7177b

ワイヤーのみで構成された、アート作品と表現すべき美しいベルトイア サイドチェア シートパッド。

ワイヤーの網目は曲面に合わせて一つ一つ形を変えて配列してあり、ただ座るだけでなく透けて見える背景をも取り込んで一つの作品にしてしまう力を持っています。

チャールズ&レイ・イームズと共同開発をしている頃、彼に先んじてワイヤーシェル構造を発想しましたが、作品を発表するのが遅れたため、後発と認識されてしまったつらい過去を持つ作品です。

ダイヤモンドチェア、サイドチェア、スツールとワイヤーメッシュ構造で作られたベルトイアの作品群。このシリーズのみをデザインして家具デザインから身を引いたベルトイアと、金属で儚さをも表現しているかのようなチェア。ただ美しいだけではない、歴史も所有してはいかがでしょうか。

#チェア#ダイニング#本革#ダイニングチェア

chm856

chm856

A-CHAIR エーチェア(マリーンチェア)は、グザビエ・ポシャールが1934年にデザインした、亜鉛メッキ鋼板を使用した最初のチェアです。独特の鈍い光沢、触感などが当時の人々をひきつけました。

フランス海軍に採用され、長年愛用されたことで知られています。

また、スタッキング可能でアウトドアでも使用できるなど機能的だったので、商業的に大成功をおさめます。その最大の要因は、折りたたんだメタルシートを採用したことによる、軽量化でした。見た目よりも軽やかなマリーンチェアは、パリをはじめとするフランスのカフェなどではよく見かけられます。

21世紀に入っても世界中から注目されるマリーンチェアは、ニューヨーク近代美術館やポンピドゥー・センターなどにコレクションされています。

E-comfortのマリーンチェアは、デザインされた初期の質感を漂わせるユーズド加工仕上げで、存在感たっぷりです。

#チェア#ブラック#ダイニング#ダイニングチェア

chm856a

chm856a

A-CHAIR エーチェア(マリーンチェア) ウッドシートは、グザビエ・ポシャールが1934年にデザインした、亜鉛メッキ鋼板を使用した最初のチェアです。独特の鈍い光沢、触感などが当時の人々をひきつけました。

フランス海軍に採用され、長年愛用されたことで知られています。

また、スタッキング可能でアウトドアでも使用できるなど機能的だったので、商業的に大成功をおさめます。その最大の要因は、折りたたんだメタルシートを採用したことによる、軽量化でした。見た目よりも軽やかなマリーンチェアは、パリをはじめとするフランスのカフェなどではよく見かけられます。

21世紀に入っても世界中から注目されるマリーンチェアは、ニューヨーク近代美術館やポンピドゥー・センターなどにコレクションされています。

E-comfortのマリーンチェア ウッドシートは、亜鉛メッキ仕上げ。様々な場面で活用できるはずです

#チェア#ダイニング#木製#ダイニングチェア

ct3005asn11

ct3005asn11

ジョージ・ネルソンは、アメリカでチャールズ&レイ・イームズの製品をプロデュースし、また、彼独自のデザインセンスでいくつものオリジナル商品を作り出しています。

1946年にデザインされた、このネルソンベンチもその一つで、他にない商品、家具のアイテムとしての新提案を行った実験的な作品といえます。プラットフォームベンチ(PLATFORM BENCH)とネーミングされ、アジアのテイストを盛り込んだ、現在でも通用するベーシックなアイテムとしてその魅力は褪せません。

和のテイストも含み、モダンな家やアジアンテイストのインテリアにも馴染みます。ライフスタイルに木の温かみを手ごろに感じられる製品としてネルソンベンチは人気商品です。

E-comfortでは、センターテーブルとして使っていただけるよう、ネルソンベンチ専用の強化ガラス天板もご用意しております。

2019/4/10より新価格になりました。より一層お買い求めしやすい価格になって、「design for all」を表す一品となっています。

#テーブル#ブラウン#リビング#ガラス天板#木製#無垢天板#幅140cm以下#ローテーブル

ct3005ask11

ct3005ask11

ジョージ・ネルソンは、アメリカでチャールズ&レイ・イームズの製品をプロデュースし、また、彼独自のデザインセンスでいくつものオリジナル商品を作り出しています。

1946年にデザインされた、このネルソンベンチもその一つで、他にない商品、家具のアイテムとしての新提案を行った実験的な作品といえます。プラットフォームベンチ(PLATFORM BENCH)とネーミングされ、アジアのテイストを盛り込んだ、現在でも通用するベーシックなアイテムとしてその魅力は褪せません。

和のテイストも含み、モダンな家やアジアンテイストのインテリアにも馴染みます。ライフスタイルに木の温かみを手ごろに感じられる製品としてネルソンベンチは人気商品です。

E-comfortでは、センターテーブルとして使っていただけるよう、ネルソンベンチ専用の強化ガラス天板もご用意しております。

2019/4/10より新価格になりました。より一層お買い求めしやすい価格になって、「design for all」を表す一品となっています。

#テーブル#ブラウン#リビング#ガラス天板#木製#無垢天板#幅140cm以下#ローテーブル