CATEGORY
CHAIR
SOFA
TABLE
STORAGE
LAMP
CLOCK
GOODS
RUG
MAINTENANCE

イームズ ラウンジチェア&オットマン

アメリカンミッドセンチュリーを代表するチャールズ&レイ・イームズ夫妻が1956年に発表した 名作「イームズ ランジチェア&オットマン」 発表当時は誰も見たことがないデザインだと言われていたが、 テレビ番組や映画などで度々使われ、今や一度は見たことのあるラウンジ チェアといえばこの作品と言っても過言ではない。E-comfortではオリジナルの欧州仕様を高い品質で忠実に再現。ソファでは味わえない特別な座り心地を体感できるパーソナルチェアとなっている。

「グローブのように包み込まれる」

まずその見た目から目を惹く独特のフォルムは「使い込んだ野球のグローブに包まれるような座り心地」を目指したデザイン。 野球のグローブは使い込むことで柔らかくなり、手に馴染んでいくもの。 E-comfortのラウンジチェアもそれと同じように、体に馴染んで柔らかく沈み込むような座り心地を体感できる。シートの幅はゆとりがあり、座りながら体勢が変えられるのもポイント。

「傾斜15度の心地よさ」

チェアの座面には奥に向かって15度傾斜しているので背骨にかかる負担を分散させ、クッションが 腰回りをしっかりサポートするので長時間の読書や映画鑑賞などに向いている。

また、オットマンに脚を乗せることで血液の循環を促し身体を健康的に保つ効果も。 革新的で美しいデザインだけではない、腰掛けるすべての人が快適に過ごせるように考え抜かれ、 チェアでありながらソファのような機能を備えているのも魅力のひとつ。

「広々としたひじ掛け」

長時間座るような新幹線や映画館に肘掛けがあるように、ラウンジチェアのひじ掛けはレザーの 滑らかな質感と高密度ウレタンフォームがしっかりとサポート。 両腕の重さは体重の16%ほどと言われており、両腕をひじ掛けにもたれることで肩への負担を 軽減してくれる。

「美しい後ろ姿」

当店ではシェルに「ウォールナット」「ローズウッド」の2種類ご用意。後ろ姿は特に木目の風合いやイームズ夫妻の高い成型合板技術による美しさ感じることができる。 シェルはしなやかで強く耐久性が高いので、経年変化による魅力が増していく所も愛され続ける理由のひとつではないだろうか。

「革へのこだわり」

本革の中でも厚革を使用したこだわりの革。耐久性が高く、その「存在感」はこのイームズラウンジチェアの重厚感を演出し洗練されたデザインとマッチしている。

製品サイズ

 

サイズ感を確かめる

男性でも女性でもゆったりとしていて、リラックスすることができている。
お手入れ方法
長くお座り頂くためには、定期的なメンテナンスが必要です。 数か月~半年程度のお手入れが好ましいと言われています。 日々座っていると、レザーのチェアは人間の汗や油分によって表面の黒ずみやひび割れの 原因となります。 当店でも取り扱いのある「ラナパー レザートリートメント」がオススメ。 汚れ落とし、保護・ツヤ出し、撥水効果、カビの予防など、少量をスポンジにつけて薄く のばすだけで効果を得られます。
商品購入ページへ

ITEMS