c19324_sk11

c19324_sk11

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

優れたコストパフォーマンスで、お勧めの逸品です。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sk11ppbk

c19324_sk11ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ブラウン#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10

c19324_sn10

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

c19324_sn10ppbk

c19324_sn10ppbk

デンマークを代表するデザイナー、ハンス・J・ウェグナーによって1950年に発表されたダイニングチェアの名作『Yチェア』。優れた家具職人でもある彼が作り出した、快適な座り心地とデザインの美しさはそのままに、そのYチェアを大胆にリデザインしたのが『リボーンチェア』です。

Yチェアのサイズ感や使い勝手の良さを残しつつ、さらにゆったりと身体を預けられる安心感のあるつくりにしたことで、ダイニングやリビングなどでの日常使いとして最適のチェアに。また、どんなインテリアにも馴染むデザインと、メンテナンスによってずっとお使いいただけることから、商業施設・飲食店・ホテル等の様々な場所でも高い評価を得ています。

アームの構造に単板積層材を使うことで、角度によって色目が変わるフィンガージョイントを無くしました。スッキリとした無垢材のような仕上がりと優れたコストパフォーマンスで、ますますお勧めの逸品となりました。

#チェア#ダイニング#木製#アームチェア#ダイニングチェア

ch7252sn10

ch7252sn10

1950年にデザインされたThe Chair / ザ・チェアは、プロポーションの美しさや掛け心地の良さなど、あらゆる点において最も完成度の高いチェアです。1960年にアメリカのCNNテレビで大統領候補ジョン・F・ケネディとリチャード・ニクソンが、このThe Chair / ザ・チェアに座り、討論会を行ったことは有名です。

ザ・チェアという名称は、コペンハーゲンの有名なインテリアショップ「デン・パーマネンテ」の役員をしていたオスカー・フィッシャーが1950年に付けたもので、今ではこのチェアを表す一般的な呼称として定着しています。威厳のあるフォルムと素晴らしい掛け心地を持ち「ザ・チェア」と呼ぶにふさわしいチェアということでしょう。

こちらのタイプは、1950年に掛け心地と耐久性を考えて手を加えたクッション付きのものとなります。

#チェア#ダイニング#木製#本革#アームチェア#ダイニングチェア

ch8302apv09

ch8302apv09

デンマークが生んだ偉大なデザイナー・建築家の代表作。座や背を大きくゆったりとしたチェアとして、1955年に発表されたのがSプライウッドチェアです。

3次元曲面による座と背の一体成型となっており、背もたれには程良いしなりが感じられ、その座り心地の良さが体感できます。また、軽量でスタッキングも可能と、機能的にも申し分の無い名作チェアです。

E-comfortのSプライウッドチェアは、脚部にステンレススチールパイプを使用することで、さらなる耐久性の向上を図っています。

#チェア#ダイニング#スタッキング#木製#ダイニングチェア

ct3001_sn09

ct3001_sn09

イサム・ノグチの代表作、コーヒーテーブルです。ニューヨーク近代美術館の館長邸にデザインしたテーブルが原型となり、妹の誕生日プレゼントに制作したというエピソードを持っています。

強化ガラスで作られた天板はオニギリ型をしていますが、3つ全ての丸みが異なるという凝ったデザインをしています。天板の曲線と脚部の造形がノグチのオリジナルラインを象徴しています。当時のオリジナルサイズでは現代の生活環境に合わないため、2/3の大きさにリデザインされ、再生産されました。天板の描く曲線の美しさがポイントとなります。

なぜか、どんなインテリアにも合わせられるその存在感と、高い質感に満足できる製品です。

#テーブル#リビング#和室#ガラス天板#木製#幅140cm以下#ローテーブル

dt5076

dt5076

E-comfortのアイテムにLC6が加わりました。強化ガラス仕様の魅力的な価格でダインニングのコーディネートを楽しんでください。存在感抜群のモダンダイニングテーブルの代表的なアイテムです。天板のガラスを支えるアームがアジャスタブルパーツによって高さが変えることができます。フレームは、スチールにパウダーコーティング塗装です。

ご家庭のダイニングテーブルからオフィスでの打ち合わせ用のテーブルまで非常に用途は幅広く使えるテーブルです。

E-comfortでは、W180cmとW225cmの2種類をご用意。設置場所や組み合わせるチェアの脚数に応じてお選びいただけます。

#テーブル#ブラック#ダイニング#ガラス天板#幅180cm以上#ダイニングテーブル